人気ブログランキング |


渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(194)
(164)
(107)
(104)
(66)
(28)
(28)
(27)
(26)
(19)
(19)
(16)
(12)
(11)
(7)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)

その他のジャンル

タグ:昭和初期 ( 16 ) タグの人気記事

トコちゃん 2016-2

f0156448_20163997.jpg

f0156448_20164291.jpg

f0156448_20164818.jpg

f0156448_20165190.jpg

f0156448_20165555.jpg

f0156448_20165852.jpg

f0156448_2017152.jpg

f0156448_2017331.jpg

f0156448_201799.jpg

f0156448_20171117.jpg

f0156448_20171416.jpg

f0156448_20171886.jpg

f0156448_20172264.jpg

by sadwat | 2016-04-26 20:34 | 事務所のしごと

松戸「K邸」


松戸「K邸」


「家はまちなみに、家具は家に合うものを、それが心地よさの秘訣」

あたりまえの事だが、我々の仕事がよい住まいになるかどうかは、結局そこに住む人の力次第だ。
この住まいはそのことをあらためておしえてくれる。



f0156448_1028322.jpg




f0156448_10281180.jpg

by sadwat | 2016-03-11 10:34 | 事務所のしごと

春の大和路

「春の大和路」

f0156448_18050525.jpg
東大寺付近

f0156448_18031581.jpg

f0156448_18050682.jpg
氷室神社

f0156448_18282296.jpg

f0156448_18050687.jpg
早朝の春日大社参道
参道に差し込む朝日の美しさを求めて早朝の散歩


f0156448_18052802.jpg
春日大社


f0156448_18052832.jpg
f0156448_18052831.jpg

春日大社本殿
ここまで本殿に近づけることはめったにありません
いま神様はお留守です



f0156448_18050662.jpg

若宮神社



f0156448_18050678.jpg







f0156448_18052841.jpg
春日大社
着到殿(平安時代)
春日大社は芋を洗うような混雑でもこの建物に見入っているのは私一人、
この建物の単純明解な構造美が胸を打つ




f0156448_18052941.jpg

f0156448_18052953.jpg
美しい船肘木

f0156448_18031588.jpg
桜には新緑の柳がよく似合う




f0156448_18031565.jpg
奈良に来たら一番最初に訪れる(十輪院)国宝
住宅的スケールのとても小さなお寺
何度訪れても新しい空間構成の美しさを発見する。
軒のそりもほとんど無く、直線で構成された日本的プロポーションが好ましい


f0156448_18031568.jpg

f0156448_18031543.jpg

f0156448_18031519.jpg

f0156448_18053850.jpg
東大寺
f0156448_19103834.jpg
フィリピンの人達は常に明るい


f0156448_18052990.jpg
東大寺二月堂の構造美
二月の御水取りに必死で駆けつけて間に合わず、
寒い夜をここで震えながら夜明けを待った若かった日を思い出す。



f0156448_18050529.jpg

f0156448_18050565.jpg
東大寺御手洗の井戸
まるで石の彫刻・・美しい



f0156448_18052932.jpg
いつ見ても校倉のディテールは美しい


f0156448_18052930.jpg

f0156448_18052978.jpg
これは昔あこがれた榊莫山の字ではないか?



f0156448_18053857.jpg
荒い土をあらわにした土塀が大和路にはよく似合う


f0156448_18053886.jpg

f0156448_18053856.jpg

興福寺南円堂
f0156448_18050670.jpg

奈良国立博物館仏教美術資料研究センター

明治35年(1902)竣工
設計  関野 貞




f0156448_18050648.jpg
新薬師寺
スッキリ
シンプル
質実剛健な構造美



f0156448_18053839.jpg
浄瑠璃寺
美しい本堂と
吉祥天に会いに


f0156448_18053848.jpg

f0156448_18053841.jpg

f0156448_18031562.jpg
明治42年(1909)竣工
設計は東京駅と同じ辰野金吾
客室の天井高も4m位ある

f0156448_18031511.jpg
f0156448_19110891.jpg
f0156448_19105006.jpg
なんとも雰囲気のあるBar

f0156448_18031500.jpg

f0156448_18345185.jpg
f0156448_19102513.jpg
辰野金吾先生
天井が高すぎて落ち着いて眠れませんでした。
でもこの建物にはこの天井高さが欠かせないことよくわかりました。






by sadwat | 2015-04-04 19:18 | 建築散歩

「加地邸をひらく-継承をめざして」 葉山 加地邸 昭和3年竣工 設計 遠藤新

葉山にある遠藤新の設計による加地邸が今日から一般公開されている。
詳細はこちら

葉山らしい、なだらかな山を背負った傾斜地に立つ、ほとんどライトそのものではないかとおもわれるほど、ライトのイメージを裏切らない建物だった。
部屋は少しずつ段差を付けて視線を縦にも振れるように配置されている。
この独特の立体的なプラニングが織りなす個性的な空間構成は、全くはじめて体験するものだ。
この建物は10月11月の土日祭日しか見学できないが、決して見逃すことの出来ないものだと思う。

遠藤新は日比谷にあったフランクロイドライト設計の帝国ホテルの設計に関わり、以後もライトスタイルを継承する日本人建築家として大正末期、昭和初期に活躍した方です。
他には、「自由学園明日館」「自由学園目白講堂」東京目白、「山邑邸」兵庫県芦屋などの作品があり、いずれも見学できます。

f0156448_2051898.jpg

f0156448_20505056.jpg

f0156448_20505934.jpg

f0156448_205165.jpg

f0156448_205114.jpg

f0156448_2051410.jpg

f0156448_20502133.jpg





by sadwat | 2014-10-04 20:56 | 建築散歩

江戸東京建物園 東ゾーン 明治から昭和の町並み復元

江戸東京建物園 東ゾーン 「明治から昭和の東京下町の町並み復元」

ここへ来ると、いつも
を見て新たな発見をしては時間切れで帰っていた。
今回は同行したお客様の希望もあって、
はじめて東ゾーン「明治から昭和の東京下町の町並み復元」を訪れた。
その建物群の昭和の懐かしさが見事に復元されていることに驚きと、親しみを感じ大変感激した。
よくぞ立派に生きのこっていてくれたと、思い切り抱きしめてあげたいくらい嬉しかったのだ。
これを造った人たちの心意気と、実現するだけの技が同時に消え去った感じがしてとても寂しい思いがした。
ここへ来て素晴らしいと感激して帰る人はたくさんいるだろうけれども、
この建物の持つ魅力を自分の生活、自分の住まいと結びつけて考える人は少ない。
法規や予算でがんじがらめになり、これと同じ建物は出来なくても、
これらの建物が持っている芯にある魅力を持ち帰って、
実際の生活と結びつけて欲しいものだ。
f0156448_16491366.jpg



More
by sadwat | 2014-09-14 17:21 | 建築散歩

江戸東京建物園 常盤台写真場

常盤台写真場(昭和12年)

この建物が素敵と思えれば、とりあえず昭和建築オタクになれる素質あり

f0156448_14154264.jpg




More



More
by sadwat | 2012-08-10 14:18 | 建築散歩

江戸東京建物園 小出邸-2 堀口捨巳

江戸東京建物園 堀口捨巳 小出邸 1925年(大正14年)

小出邸を訪れていつも魅力的に思うのは、玄関廻りのデザイン密度の高さと、人を迎え入れる場所としての構えの美しさだと思う、
まだ訪れたことはないが、玄関に立ったときに受ける印象、時代感というものはおそらくは藤井厚二の聴竹居にも似たものではないだろうか。

玄関ドアは人を招き入れる気持ちを表現して、内開きとしている。


f0156448_1021281.jpg



More



More
by sadwat | 2012-08-08 10:35 | 建築散歩

江戸東京建物園 田園調布の家-2

江戸東京建物園 田園調布の家
1925年(大正14年)

は以前に紹介したデザイン密度の高い小住宅

西洋の建物にあこがれながらも日本の様式とうまく融合した空間構成、
日本の建物だということを感じさせるスケール感とディテールが魅力なのではないだろうか。
いつの間にか日本風になっている西洋の暮らし、というところか。



f0156448_134762.jpg




More



More
by sadwat | 2012-08-08 01:21 | 建築散歩

江戸東京建物園 再・前川国男自邸 1942年(昭和17年)

江戸東京建物園
以前にもご紹介した前川国男・自邸

写真ではこの建物の素晴らしさはお解りいただけないと思っていても、また紹介したくなる建物の代表格。
江戸東京建物園にはそうした建物が兄弟の様に3つ並んでいる、堀口捨己の小出邸と田園調布の家である。
これから住まいを建てようとしている方は、住宅展示場に行く前にまずここに行って欲しいといつも思う。
全く手の届かない展示物としてではなく、これらの建物が醸しだす心地よさの秘密を少しでも体感して
新しいすまいに活かして欲しいと思うからだ。
それがここに展示されている建物の重要な使命だと思う。

今回はこの3つの建物に加えその向かいにある常盤台写真場も4番目に紹介する。

f0156448_23544759.jpg




More



More
by sadwat | 2012-07-30 23:19 | 建築散歩

和のリフォーム 矢切 TV 収録

「和のリフォーム 矢切」

久しぶりにTV収録のために伺った矢切の住まい

BSTV朝日 辰巳琢郎の家物語 
11月12日, 26日(再放送)
土曜午後5:00〜5:30

住いを完成させるのは建築家ではなく、住み手だと常に思っているが、
それを絵に描いたようなお宅になっている。
引き渡しの時のそっけない空間に家具やカーペットが加わり、
施主の好みの小物があるべき所に納まっている
テーブルには素敵なコーヒーカップ、
よく手入れされた庭で元気な家族の声が響く

引き渡しから約10ヶ月、すまいは建築家の手から離れて施主の色に染まり、家族の歴史を刻み始めた。

施主と設計者がいつも同じ方向を向いているとは限らない、
このすまいではそれがうまく重なり合った幸福な出会いといえるのではないか。

このように思えることは建築家としてほんとうに幸せなことである。
施主にとってもそうであって欲しいと思う。



f0156448_23342463.jpg

f0156448_23351080.jpg

f0156448_19129.jpg

f0156448_23352986.jpg

f0156448_21291820.jpg

f0156448_23355457.jpg

f0156448_1904661.jpg



by sadwat | 2011-11-04 12:37 | 事務所のしごと