渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(234)
(202)
(135)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(39)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(5)
(4)
(3)

その他のジャンル

和風クリスマス

ミッドタウン東京のサントリー美術館に鳥獣戯画 を見に行こうと思ったが、あまりにも長い行列に恐れをなして簡単にあきらめた。

写真は吹き抜けに垂れ下がっていたクリスマスツリーの垂れ幕だが、よく見るとツリーを構成しているのは番傘・抹茶茶碗・手毬・扇・鼓・独楽など「和」の代名詞の様なもので構成されている、背景の色もまさしく漆黒を狙っている。
f0156448_1221459.jpg

クリスチャンでもないのにクリスマスに浮かれる気にならないアマノジャクな私にとって、どうせ宗教と無関係ならば、日本のクリスマスの広告はこれで良いのだと妙に納得した。
これなら敬虔な信者に対して後ろめたさも無い。正月にちょっと助走をつけてみたくらいのものだ。

考えてみると、ずいぶん古くから日本はいろいろなものを輸入し、そしていつも日本人ならこうする、という「和」に帰結する回答を提示してきたように思う。

私は建築家だから無理やり話を建築、特に住宅に引っ張っていくが、ごく一般論として、日本の住宅にこのようなプロセスが見られるのは昭和初期から、戦前くらいまでではないだろうか。
今では住宅は歴史、様式の延長線上にあるのではなく、極言すれば、自動車や家電製品などのように工業製品として存在している。
あこがれのプロバンス風やアメリカ西海岸風にしてもパーツを輸入して、だらしなく寄せ集めただけで、どこか日本のクリスマスと同根の様な気がしてならない。

日本人が「和」と関わりのない空間に住んでいても便利で快適ならば違和感がないのは、楽しくて、にぎやかで、ゆたかなだけの日本のクリスマスを喜んでいる様なもので、なにかバックグラウンドが欠落した虚しさのようなものがあるのではないだろうか。

いろいろな意味で世界との距離が縮まれば縮まるほど、日本の文化が薄められてゆくのではなく、むしろ鮮明にしていきたいものだ。
# by sadwat | 2007-12-04 01:06

T定規の垂撥

事務所玄関脇の壁に、T定規を垂撥に見立て,志野の掛花入れに庭の菊を挿してみた。
このT定規は、すでに亡くなったある高名な建築家の自邸の解体に先立って、見学をさせていただいた折り、不要なものの中から頂戴してきたもの。
あらためてこのT定規を見ていると、一種宗教的な象徴のようにも見えてくる。色といい、艶といい、えもいわれぬ風格があり、製図台に向き合っているその建築家の気迫と真剣なまなざしを感じて身の引き締まる思いがするのだ。

事務所開設当時から、作業の効率を考えて図面をコンピュータ化したものの、思考のスピードと作業のスピードが一致するまでにひどく時間がかかったのを思い出す。
鉛筆を削りながらアイデアをめぐらせ、T定規と三角定規で簡単に消せない線を積み重ね、まっ黒になった図面を書いていた頃を懐かしく思う。
構想を練り上げるスピードと手の動くスピードが一致することは大切なことだ。ストーリーが展開する早さとページをめくる早さがぴったり一致した小説を読むように明解なイメージが沸いてくるのだ。



f0156448_121923.jpg

# by sadwat | 2007-11-22 16:30 | 事務所のしごと

秋谷のこころ・海と暮す家・071117

f0156448_21435778.jpg

05/11/30 大正末期の酒屋さんの蔵・更地にして売り出されると聞いて、とりあえず入手保護・何とか救いたい。
f0156448_1761144.jpg
06/07/23 国道134号線に沿って湘南の美しい谷戸の深い緑が見えた頃。右端がMy蔵。

f0156448_21444849.jpg

06/08/03 徐々に変わっていく秋谷
f0156448_2145967.jpg

07/06/23 マンションはこの上にさらに5階分積み重なって完成、この写真は4階まで建ち上がったところ。マンションからの抜群の眺めは請け合う。

あまりにもでかいこのマンションに圧倒されて、My蔵はずいぶんしょぼくれた感じ。
この蔵が秋谷の風景にふさわしく、いきいきとしていた時代があったのだ。
f0156448_22462488.jpg

f0156448_21452891.jpg

この蔵は酒屋さんの倉庫として造ったもので、入り口は漆喰の分厚い引き戸、升のマークが見える、とてもおしゃれなデザイン〔ただの酒ビンの倉庫にここまでやるか、昔の人は気合いが違う)・戸車が錆びて今はもう動かない。

f0156448_21454238.jpg

2階内部の様子、外観は石造りに見えて基本構造は木造。
長い間使われていなかったので梁の松には虫が入ってぼろぼろ。外壁の石も風化が激しい・・・幸い虫の被害は表面だけにとどまって構造的な強度が確保できる太さは残っている・・まだ命はつながっている・・外壁に積み重ねた佐島石は風化と亀裂がひどい、内部に水の浸入がある。屋根の雨漏りは無い。
とりあえず表面硬化剤と撥水剤を使って外壁を保護、これを使うと左官仕事が効かなくなる可能性がある、慎重に検討するつもり。
息も絶え絶えの蔵だが、なんとか再生させたい。
# by sadwat | 2007-11-17 21:37 | 秋谷のこころ・海と暮す家