渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(234)
(202)
(135)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(39)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(5)
(4)
(3)

その他のジャンル

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新年明けましておめでとうございます



















f0156448_23285792.jpg

by sadwat | 2010-12-31 23:59

和のリフォーム 矢切

「和のリフォーム 矢切」


「和のリフォーム 矢切」TV収録



f0156448_12365755.jpg


和風住宅のリフォーム

もとの建物が持っていた和のボキャブラリーを活かして

イラストレーターとライターご夫妻のアトリエ兼すまいにリフォームした

短かった軒の出を約1尺5寸(45センチ)ほど出すことで

戸をあけて雨を楽しみ

涼しさを呼び込み

紙障子が拡散する柔らかな日差しを部屋の奥まで招き入れる

本来、日本建築が持っているここちよさを調えた。



古びた建物の味わいと新しい日本のすまいのかたちを調和させ

新築をこえる魅力を引き出すことができただろうか。





f0156448_1239396.jpg

f0156448_12402259.jpg

f0156448_1240252.jpg

f0156448_12404959.jpg

f0156448_12411038.jpg

f0156448_1241454.jpg

f0156448_12412897.jpg

f0156448_12423186.jpg

f0156448_15134539.jpg


「和のリフォーム2 横浜」
by sadwat | 2010-12-29 12:49 | 事務所のしごと

鎌倉の茶室-2

-鎌倉の茶室-

茶室の垂木「芽付竹」



f0156448_1623294.jpg



茶室の垂木を芽付竹にした。

竹の枝の根元を少し残し、そのリズムと意匠的な面白さを楽しむ。

こうして天井の形ができ、その下にたたずんでみると、

誰の発想か知らないが、先人の意図するところが静かに滲むように伝わってくる。

それが様式、作法、伝統というものの意義ではないか。



様式に黙ってしたがっていると、時が研ぎ澄ました洗練というものに出会うことができる。

時を積み重ねて受け継がれてきたものを足がかりに、

新しい生活のスタイルを少しずつすり合わせていくことが

現代のすまい方に求められているのではないかと思う。

f0156448_1625202.jpg

f0156448_16244056.jpg

f0156448_1625269.jpg

by sadwat | 2010-12-20 16:31 | 事務所のしごと

鎌倉の茶室-1

-鎌倉の茶室-

・美しく見せる為にはなんでもやる・

茶室の持つ心地よさを演出する繊細な仕事の積み重ね

ときには設計者の想像を超え、常識を覆す大工の技に驚愕するが

大工は素知らぬ顔で淡々と仕事を続ける。

またやられたな、と思うのだが彼らに仕返しをするのはなかなか難しい。


f0156448_1040673.jpg

f0156448_193153100.jpg

f0156448_19324498.jpg

f0156448_1933334.jpg

f0156448_19332274.jpg

by sadwat | 2010-12-17 19:37 | 事務所のしごと