人気ブログランキング |


渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(194)
(164)
(107)
(104)
(66)
(28)
(28)
(27)
(26)
(19)
(19)
(16)
(12)
(11)
(7)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)

その他のジャンル

鎌倉の茶室 700年の眠りから覚めたものたち

鎌倉の茶室

鎌倉に計画中の茶室付住宅の建設予定地は鎌倉時代の大倉幕府跡という史跡の上に建つことになる。

埋蔵文化財包蔵地域というとても厄介な土地なのだ。

60〜70センチも掘ると土器の欠片らしきものが出土し始め、
次々と何層にもわたって生活基盤とおぼしき地層が発見され、
突然人の気配のする出土品の群れに突き当たる



f0156448_19381754.jpg

f0156448_19385281.jpg

f0156448_19392013.jpg

f0156448_19394568.jpg


可愛らしい、とにかくかわいいこの下駄は女性のものらしい
下駄の右にあるのは 箸

とても小さな足、手に取ってみると700年前にこの下駄を履いていた人と何となく
コミュニケーション出来たような心持ちになるのだ

700歳のあなたはどんなにかわいらしい人だったろう、お逢いしたいです



f0156448_19463837.jpg


この土器の欠片は日常生活に使われていたかわらけ・灯明・壷など

右の壷は直径60センチ位の大きな常滑の壷、
これをどうしても欲しいと言ったら絶対にダメだそうだ、
土地の持ち主でも出土品は鎌倉市に帰属するのでもらうことは出来ない。
発掘費用は地主負担です。
ナットクいかない。

左下の穴のあいた陶片は壊れた土鍋や石鍋などに穴を空けお湯に浸けるなどして温め
懐に入れて暖をとるのだそうだ。
温石(おんじゃく)という。昔ホッカイロみたいなものだ。
同じ石で700年前と同じぬくもりを感じてみたくなる。



f0156448_204153.jpg


これは形代(かたしろ)と呼ばれるおもちゃのようなもの

ウィキペディアによると
「形代(かたしろ)とは、神霊が依り憑く(よりつく)依り代の一種。
人間の霊を宿す場合は人形を用いるなど、神霊が依り憑き易いように形を整えた物を指す。」



f0156448_201132.jpg


漆塗りの杯のようなもの、小皿かもしれない
左の絵付けは手書き、右は印判でハンコで絵付けをしたようなもの


f0156448_20114353.jpg


温石・・どんな人のからだを暖めたのだろう。



f0156448_2017169.jpg

f0156448_20171578.jpg

f0156448_20173637.jpg


敷地の一隅に現れた、御堂らしきものの礎石跡の一部・・・んーっ凄い
時と歴史が積み重なった土地の持つオーラを発している
恐れ多くもこの上に家を建てるのだ、鎌倉に家を建てるということはこういうことだ。
連綿と続いてきた歴史の延長線上に現代の私たちの生活があることを思わないわけにはいかない




by sadwat | 2010-03-13 20:39 | 事務所のしごと