渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(38)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)

タグ:茶室 ( 41 ) タグの人気記事

鎌倉の茶室-4

ー鎌倉の茶室ー



東京近辺ではほとんど見られなくなった小舞壁
茶室の壁は薄い
普通の住宅より細かいピッチで小舞を丁寧に編み込む
芯になる間渡し竹という少し太めの割り竹で構造体と土壁は曖昧につながっている
このことで建物に多少の歪みがでても壁全体に傷みが広がらずにすむ
f0156448_23195464.jpg

小舞壁下地の様子
これだけで十分美しい
f0156448_23193972.jpg

荒壁を壁の片面ずつ塗る
この荒壁の段階で十分に亀裂を出し切ることで次の中塗り、仕上げ塗と段階的により細かな亀裂になっていく
ここでよく乾かしておかないと、仕上げが美しく仕上がらず、さらに小舞下地が残った水分で痛むのだ
f0156448_2319975.jpg

f0156448_231850100.jpg

f0156448_23183829.jpg

これは茶室ではなく母屋の玄関まわりの屋根の仕事
軒裏からだんだんに仕上げていく
ここが最近の住宅などと違うところ
f0156448_23174974.jpg

f0156448_23173054.jpg

玄関入り口の柱を支える沓石との光付け(石の不整形な形に柱の足もとを馴染ませる作業)
f0156448_23171269.jpg

f0156448_23165522.jpg

これも光付け
皮付きの杉柱の形を型紙にうつして敷居鴨居を加工する
これが真四角の柱であれば一日に2,30本加工できるが
この場合は一日2本ぐらい
とにかく手間がかかる、特に安井杢工務店の職人はこのことを当たり前に思っていて、全く意に介さない
丁寧な仕事に感謝と敬意を感じつつ、いつ終わるのかな〜っとこちらも丁寧に眺めているしかない
f0156448_23163150.jpg

f0156448_23161852.jpg

by sadwat | 2011-01-31 23:21 | 事務所のしごと | Comments(2)

鎌倉の茶室-3

-鎌倉の茶室-


f0156448_1954127.jpg

f0156448_1952675.jpg

f0156448_19221578.jpg

f0156448_196390.jpg


茶室工事を担当するのは、「桂離宮・昭和の大修理」を手がけた京都の安井杢工務店

その丁寧な仕事ぶりには誰もが舌を巻くところだが、
そうした仕事に情熱を燃やす大工の若さに驚かされる。

伝統をしっかりと受け継ぎ、地道に知恵と経験を積み重ねていく若者の姿にほっと安堵するのは私だけではないだろう。
by sadwat | 2011-01-15 19:07 | 事務所のしごと | Comments(0)

鎌倉の茶室-2

-鎌倉の茶室-

茶室の垂木「芽付竹」



f0156448_1623294.jpg



茶室の垂木を芽付竹にした。

竹の枝の根元を少し残し、そのリズムと意匠的な面白さを楽しむ。

こうして天井の形ができ、その下にたたずんでみると、

誰の発想か知らないが、先人の意図するところが静かに滲むように伝わってくる。

それが様式、作法、伝統というものの意義ではないか。



様式に黙ってしたがっていると、時が研ぎ澄ました洗練というものに出会うことができる。

時を積み重ねて受け継がれてきたものを足がかりに、

新しい生活のスタイルを少しずつすり合わせていくことが

現代のすまい方に求められているのではないかと思う。

f0156448_1625202.jpg

f0156448_16244056.jpg

f0156448_1625269.jpg

by sadwat | 2010-12-20 16:31 | 事務所のしごと | Comments(0)

鎌倉の茶室-1

-鎌倉の茶室-

・美しく見せる為にはなんでもやる・

茶室の持つ心地よさを演出する繊細な仕事の積み重ね

ときには設計者の想像を超え、常識を覆す大工の技に驚愕するが

大工は素知らぬ顔で淡々と仕事を続ける。

またやられたな、と思うのだが彼らに仕返しをするのはなかなか難しい。


f0156448_1040673.jpg

f0156448_193153100.jpg

f0156448_19324498.jpg

f0156448_1933334.jpg

f0156448_19332274.jpg

by sadwat | 2010-12-17 19:37 | 事務所のしごと | Comments(4)

鎌倉の茶室 二十五年前の仕事に出あう

京都の錺金物製作をする横山金具工房 を二十五年ぶりにに訪れた。
お茶室に使う金物を探す為だ

そこで私が昔スケッチを起こして造っていただいた橘(たちばな)をデザインした釘隠に出会った。
ケースに入れて見本として大切にしていてくれたのだ、懐かしさと嬉しさに心が震えた。

丁寧に銅を打ち出して造った地金に燻べ(くすべ)色をつけて、深い黒に色付けをする。
日本の黒の表現は奥が深くその色数は無限だ、煤を着けては磨き、着けては磨き、
何度も重ねて深い黒を引き出すのだそうだ。
漆とは一味違う
これも日本の黒。


f0156448_1753677.jpg


                                    [横山金具工房の仕事]
by sadwat | 2010-09-24 23:28 | 事務所のしごと | Comments(2)

鎌倉の茶室 KYOTOへ

鎌倉に建てるすまいの材料を確認に雲行きの怪しい京都へ


f0156448_23182684.jpg


杉磨き丸太の皮の部分を四隅に残してつくる柱を面皮柱といって、
柔らかくつややかな自然の趣を残した柱で広間を造ります。
丁寧に磨いて仕上げます


f0156448_23184797.jpg


特に目立つ柱は3本用意してもらって写真真ん中の1本に決める
決め手は木肌の複雑な表情


f0156448_2319545.jpg


小間の茶室床柱の個性的な表情を前に迷いに迷う
月並みな赤松皮付きもやはり美しいが、私が目を留めたのは良母(リョウブ)
美しい木肌と柔らかな色合いが魅力的(下の写真真ん中)


f0156448_23195038.jpg

f0156448_23203285.jpg

by sadwat | 2010-09-24 00:08 | 事務所のしごと | Comments(0)

鎌倉の茶室 700年の眠りから覚めたものたち

鎌倉の茶室

鎌倉に計画中の茶室付住宅の建設予定地は鎌倉時代の大倉幕府跡という史跡の上に建つことになる。

埋蔵文化財包蔵地域というとても厄介な土地なのだ。

60〜70センチも掘ると土器の欠片らしきものが出土し始め、
次々と何層にもわたって生活基盤とおぼしき地層が発見され、
突然人の気配のする出土品の群れに突き当たる



f0156448_19381754.jpg

f0156448_19385281.jpg

f0156448_19392013.jpg

f0156448_19394568.jpg


可愛らしい、とにかくかわいいこの下駄は女性のものらしい
下駄の右にあるのは 箸

とても小さな足、手に取ってみると700年前にこの下駄を履いていた人と何となく
コミュニケーション出来たような心持ちになるのだ

700歳のあなたはどんなにかわいらしい人だったろう、お逢いしたいです



f0156448_19463837.jpg


この土器の欠片は日常生活に使われていたかわらけ・灯明・壷など

右の壷は直径60センチ位の大きな常滑の壷、
これをどうしても欲しいと言ったら絶対にダメだそうだ、
土地の持ち主でも出土品は鎌倉市に帰属するのでもらうことは出来ない。
発掘費用は地主負担です。
ナットクいかない。

左下の穴のあいた陶片は壊れた土鍋や石鍋などに穴を空けお湯に浸けるなどして温め
懐に入れて暖をとるのだそうだ。
温石(おんじゃく)という。昔ホッカイロみたいなものだ。
同じ石で700年前と同じぬくもりを感じてみたくなる。



f0156448_204153.jpg


これは形代(かたしろ)と呼ばれるおもちゃのようなもの

ウィキペディアによると
「形代(かたしろ)とは、神霊が依り憑く(よりつく)依り代の一種。
人間の霊を宿す場合は人形を用いるなど、神霊が依り憑き易いように形を整えた物を指す。」



f0156448_201132.jpg


漆塗りの杯のようなもの、小皿かもしれない
左の絵付けは手書き、右は印判でハンコで絵付けをしたようなもの


f0156448_20114353.jpg


温石・・どんな人のからだを暖めたのだろう。



f0156448_2017169.jpg

f0156448_20171578.jpg

f0156448_20173637.jpg


敷地の一隅に現れた、御堂らしきものの礎石跡の一部・・・んーっ凄い
時と歴史が積み重なった土地の持つオーラを発している
恐れ多くもこの上に家を建てるのだ、鎌倉に家を建てるということはこういうことだ。
連綿と続いてきた歴史の延長線上に現代の私たちの生活があることを思わないわけにはいかない




by sadwat | 2010-03-13 20:39 | 事務所のしごと | Comments(12)

鎌倉の茶室 茶室おこし絵図

鎌倉の茶室 茶室おこし絵図

優れた茶室をはじめとする数寄屋建築や城のイメージをわかりやすく後世に伝えるために、
日本には江戸時代初期からおこし絵図という模型製作手法がある。

折り畳めて、どこにでも気軽に持ち運べ、ときには壁を倒して座った時と同じ目線で室内を見渡せる。
CGや透視図よりもはるかに臨場感があり、誰もがその空間の特質を簡単に理解出来る。

鎌倉に計画中の三畳台目の御茶室をおこし絵図で作ってみた。
(台目切りと向う切りの2種類作ったが三畳台目の向う切りはほとんど茶室として作例がない)

ペラッとした紙の扱いにくさの中にも必要な情報はわかりやすく盛り込んであり、
日本人らしい合理性と少しだけ力の抜けた曖昧さをこの手法は表現していて、
見る人は皆なぜかその作り出す空間の楽しさに微笑んでしまう。



f0156448_18462153.jpg


More



More
by sadwat | 2009-11-27 18:51 | 事務所のしごと | Comments(6)

ART FAIR TOKYO      古美術 渡邊三方堂

東京国際フォーラムで開催中のART FAIR TOKYO 古美術 渡邊三方堂のブースを担当させていただいた。

ART FAIR TOKYOは日本最大のアートフェア、4万人以上を集客する一大イベント
こうした大イベントの常として、玉石混交は避けられないが

「座辺の美・古染付の風韻」

と題した渡邊三方堂の今回の出品は秀逸だ。

日本の茶人の自由奔放さに、中国陶磁の伝統が絶妙に調和した、奥深いゆがみの美しさを十分堪能した。


f0156448_193871.jpg


f0156448_18161672.jpg

これは李朝です


f0156448_21323523.jpg


f0156448_1862052.jpg

図録より


f0156448_1863981.jpg


f0156448_1865411.jpg


f0156448_1104851.jpg

by sadwat | 2009-03-28 22:38 | 事務所のしごと | Comments(2)

「和と現代をつなぐ昭和のイメージ」鎌倉腰越T邸


施主は30代の若い夫婦、ご主人はサーファー。

若いお二人が伝統の延長線上に自分たちのライフスタイルを見つけ出していることに驚きを感じると共に安堵する。

白いビニルクロスの壁に高い天井、隅々まで明るい部屋。
それとは間逆の住まいです。

「引き継いできたものを伝えていける日本の住まい」



f0156448_0344489.jpg



10More



More
by sadwat | 2008-10-08 00:46 | 事務所のしごと | Comments(8)