渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(38)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)

タグ:茶室 ( 41 ) タグの人気記事

「桂離宮-3 新御殿、中書院、古書院、月波楼」



「桂離宮-3 新御殿、中書院、古書院、月波楼」


日本の住居様式の時代の流れを凝縮した

「行き着き至り得た止めのもの」堀口捨巳

としての姿がここにある



f0156448_18000362.jpg



More
by sadwat | 2016-01-02 18:08 | 建築散歩 | Comments(0)

桂離宮-2 松琴亭 賞花亭

「桂離宮-2 松琴亭 賞花亭」



More
by sadwat | 2016-01-02 17:14 | 建築散歩 | Comments(0)

謹賀新年



















f0156448_23584061.jpg
A House in connecticut USA
今年はこの建物の実現に向けて頑張ります














by sadwat | 2016-01-01 00:07 | 事務所のしごと | Comments(0)

桂離宮 笑意軒


「桂離宮-1 笑意軒」

桂離宮の中でもとりわけ異彩を放つ笑意軒の意匠は訪れる人々の心を鷲摑みにする。
皇宮警察の早くしろという視線と目を合わせないようにしてじっくり堪能した。

f0156448_18292182.jpg
MORE



More
by sadwat | 2015-12-29 18:40 | 建築散歩 | Comments(0)

六本木 美術商巡り

六本木 美術商巡り

とても気に入ってしまった花入
伊賀焼だろうか、猿投という説も

価格無限大同然


f0156448_17254445.jpg

by sadwat | 2015-02-03 17:27 | 事務所のしごと | Comments(0)

初釜

初釜のお茶事

暖かな冬の日差しの中,清らかな気持ちで初釜のお稽古。
新年をお祝いするお茶事は、不真面目で破門同然の私でもやはり楽しい。


f0156448_21473410.jpg
f0156448_21473429.jpg
f0156448_21473414.jpg
f0156448_21473353.jpg
f0156448_21473485.jpg

f0156448_21473405.jpg
f0156448_21473530.jpg

f0156448_21473494.jpg


by sadwat | 2015-01-26 21:50 | 事務所のしごと | Comments(2)

酒の肴


毎年この時期に我が家を訪ねてくださる大切なお客様に私が作った酒の肴とお茶うけのお菓子

(栗の砂糖煮と小布施の栗樂雁)。

肴はヒラメとサーモン昆布じめの紅白椿仕立て(どう見ても饅頭のようで、椿の花には見えませんが)

お酒は長野の「本金」、旨味が強いお酒で昆布じめの魚とよく合いました。
次はちゃんと花に見える技術を習得します。
はし置きが逆さまでした。恥ずかしい。


f0156448_13573360.jpg

f0156448_13574196.jpg

by sadwat | 2015-01-06 13:59 | 秋谷のこころ・海と暮す家 | Comments(0)

秋の「三渓園」 聴秋閣公開




日々の生活で磨り減った日本をチャージしに
聴秋閣公開12月14日まで




f0156448_12243179.jpg

f0156448_12242495.jpg

f0156448_12244184.jpg













by sadwat | 2014-11-24 12:19 | 建築散歩 | Comments(0)

お茶室を使い倒す

会社の施設として造った茶室で社員全員にお茶を1日体験させるという大盤振る舞い。
全員が体験を済ませるまで約1年かかる。
せっかく造ったお茶室をとことん使い倒す作戦らしい。

どの様に触れていくかはともあれ、まずは自国の文化を知ることから始めよう。
この国が本来持っている底力が見えてくる。

f0156448_17420845.jpg
f0156448_17420975.jpg
f0156448_17420661.jpg
f0156448_17420728.jpg

by sadwat | 2014-11-11 17:46 | 事務所のしごと | Comments(0)

高層マンションの茶室-2

自宅でお茶をたしなむことは、お茶をする方にとってはひとつの夢なのだと思う。
ましてやいろいろな制約のあるマンションではここまでやるのは難しいと考えている方も多い。

膨大な茶道具の収納や、動線の制約、水屋の設備をどうするか。
実際に考えはじめると、いろいろな制約から、妥協と柔軟な解釈を重ねなければならなくて、
施主にとっても設計者にとっても課題がたくさんある。

今回の工事は下ごしらえ一週間、工事二週間で終わった。

転勤時、転売時にこのお茶室を解体することがあった際に、
できるだけ内装、特に床にキズがついていないことが求められた。
その為床には釘、ビスの類いは一本も打っていない。

f0156448_12073528.jpg
f0156448_12072756.jpg
床柱は半分に裂きますが、すぐに沿ってしまう為裏側に反対に反る材料を貼り付け、反りを相殺します。

f0156448_12083510.jpg
f0156448_12064221.jpg
f0156448_12075390.jpg
茶室にとって天井の構成は大変重要なものですが、
スプリンクラー等、防災機器のの確実な作動を阻害する可能性がある為そのままとしました。
f0156448_12072060.jpg
f0156448_12082661.jpg
クーラーは付けたくないということで
紙障子の外にあるアルミサッシをあけた上で紙障子を雪見障子として
目線では開口部から外部が視野にはいらないよう上部をあけて使うようにしました。
f0156448_12074373.jpg
f0156448_12081503.jpg
外壁廻りの細かい凹凸を利用して、茶道具のコマゴマしたものを収納します。


f0156448_12080419.jpg
畳をめくってできるだけ多く収納できるようになっています。
ここは客間とすることもあるので開き戸を撤去することができないので
このようなかたちの踏み台を使っています。
踏み台をどかしてケンドンの板をはずすと畳をあげなくても収納できます。

f0156448_12071266.jpg

高層マンションの茶室-1 へ






by sadwat | 2014-06-16 13:32 | 事務所のしごと | Comments(0)