渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し

タグ

(194)
(161)
(128)
(95)
(88)
(64)
(46)
(45)
(41)
(39)
(32)
(32)
(29)
(13)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)

タグ:昭和初期 ( 39 ) タグの人気記事

愛媛 S邸

愛媛 S邸

遠く愛媛からご依頼を頂いたすまいがようやく完成

この太鼓台が家の前を通る土地を探し、永年携わってきた新居浜の太鼓祭りを楽しむためのすまい。

奥様のお好みで昭和の雰囲気にしたいとの事。
江戸東京建物園をご案内する事から始まったこの仕事はこのようなインテリアになった。

f0156448_1103014.jpg


f0156448_10521570.jpg

f0156448_113189.jpg

f0156448_10521847.jpg

f0156448_10522153.jpg

f0156448_1055351.jpg

f0156448_10554559.jpg

f0156448_10561888.jpg

f0156448_10562836.jpg

f0156448_10545429.jpg

[PR]
by sadwat | 2016-05-21 11:09 | 事務所のしごと | Comments(0)

鎌倉S邸 リフォーム

築30年のハウスメーカーのすまいをリフォーム

木製のFIX+開き戸を木製引込戸に
出窓を床までの掃出しにし、庭への抜けの良い引込戸にして開口部のプロポーションを変えた。
こちらはアルミサッシ引込とfix+木製格子に変更
食堂部分はのっぺりとした18畳の空間に変化をつくるため、ラワン合板と太めの竿縁で仕上げ天井高は2150にする、全く低さを感じない、むしろ落ち着くはず。

オイルダンパーを使用した制振装置を設置して地震力の入力を軽減している。


f0156448_13515368.jpg

右は引込木製建具を引込み、木製の網戸を引き出したところ。
左はアルミサッシ引込


f0156448_13521396.jpg

f0156448_1352983.jpg

f0156448_1352282.jpg

f0156448_13521754.jpg


制振装置
f0156448_1485776.png


リフォーム前
f0156448_1356669.jpg

f0156448_13563640.jpg

[PR]
by sadwat | 2016-05-20 14:10 | 事務所のしごと | Comments(0)

ART FAIR TOKYO 2016   「古美術 渡邊三方堂」

f0156448_13432299.jpg

f0156448_13434089.jpg

f0156448_13433394.jpg

f0156448_13434530.jpg

f0156448_13435840.jpg

f0156448_13441088.jpg

[PR]
by sadwat | 2016-05-20 13:49 | 事務所のしごと | Comments(0)

トコちゃん 2016-2

f0156448_20163997.jpg

f0156448_20164291.jpg

f0156448_20164818.jpg

f0156448_20165190.jpg

f0156448_20165555.jpg

f0156448_20165852.jpg

f0156448_2017152.jpg

f0156448_2017331.jpg

f0156448_201799.jpg

f0156448_20171117.jpg

f0156448_20171416.jpg

f0156448_20171886.jpg

f0156448_20172264.jpg

[PR]
by sadwat | 2016-04-26 20:34 | 事務所のしごと | Comments(0)

NHK 朝ドラ『とと姉ちゃん』

NHK 朝ドラで『とと姉ちゃん』という新番組が始まった。
昭和初期を舞台にしたドラマである。
今回もNHKのセットデザインはその考証の素晴らしさに舌を巻いた。

このドラマでは都立小金井公園内にある江戸東京建物園の昭和初期の町並みでもロケが行われている。
この時代のすまいには不自由さの中にもそれを超えた心地よさがあると常々考えていて、そのことをこの番組のいろいろな場面で発見できることが毎朝楽しみだ。

このドラマの主人公がつくった雑誌「暮しの手帖」1960年のものが家にあった。
その表紙の裏にはこんなことが書いてある。

  これは あなたの手帖です

  いろいろの事が ここには書きつけてある
  
  この中の どれか 一つ二つは

  すぐ今日 あなたの暮しに役立ち

  せめて どれか もう一つ二つは
  
  すぐには役に立たないように見えても

  やがて こころの底ふかく沈んで

  いつか あなたの暮し方を変えてしまう

  そんなふうな

  これは あなたの暮しの手帖です


この言葉はまさにこのドラマのような「心地よい不自由さのあるすまい」からうまれたにちがいない。


f0156448_18541915.jpg


f0156448_18552778.jpg



MORE

More
[PR]
by sadwat | 2016-04-15 18:59 | 建築散歩 | Comments(2)

松戸「K邸」


松戸「K邸」


「家はまちなみに、家具は家に合うものを、それが心地よさの秘訣」

あたりまえの事だが、我々の仕事がよい住まいになるかどうかは、結局そこに住む人の力次第だ。
この住まいはそのことをあらためておしえてくれる。



f0156448_1028322.jpg




f0156448_10281180.jpg

[PR]
by sadwat | 2016-03-11 10:34 | 事務所のしごと | Comments(0)

愛媛 松山 萬翠荘 20160210

新居浜の仕事が早く終わったので、飛行機を待つ時間つぶしに松山城麓に在る
久松 定謨(ひさまつ さだこと)伯爵邸「萬翠荘」大正11年 木子七郎 設計
「坂の上の雲ミュージアム」 安藤忠雄 設計 に立寄る事に
萬翠荘の受付のおねえさんは美人で親切、笑顔完璧また行きたくなるくらい。

伊予松山は瀬戸内の穏やかな気候風土と、近くに道後の温泉もあり、
路面電車もおっとりとした雰囲気をかもし出していていつ訪れても妙に落ち着く。



f0156448_17181338.jpg


素晴らしいステンドグラス
木内信太郎の作品


MORE



More
[PR]
by sadwat | 2016-02-11 17:32 | 建築散歩 | Comments(0)

愛媛県 新居浜の家


愛媛県 新居浜の家

新居浜の施主から素晴らしい新年のおくりもの

四国三大祭りの一つ新居浜太鼓祭りで
長い間この太鼓台に乗って指揮者を勤めた施主
渡辺事務所の垂れ幕まで作って大きな写真を送ってくれた。
とても穏やかな方だが、この荒々しい太鼓台に乗ったとたん人が変った様に猛々しく変身する。

家は春に完成する
施主も私たちもうれしくてしょうがない
そんな気持ちが伝わってくる
新春に何か良いことがありそうな予感がするではないか
とにかくめでたい

ありがとう



f0156448_18490702.jpg

f0156448_19402662.png
左の人です


[PR]
by sadwat | 2016-01-08 19:49 | 事務所のしごと | Comments(0)

枯葉♪

音がしなくてもジュリエットグレゴの「枯葉♪」が聞こえてきそうな今日この頃。
去年の今ごろ、この風景をイメージして自力で造った庭は見事にあの重労働に答えてくれた。

f0156448_11185915.jpg
f0156448_11192325.jpg
f0156448_11194647.jpg
f0156448_11195581.jpg
f0156448_11200138.jpg
f0156448_11200610.jpg
f0156448_11201098.jpg
f0156448_11201501.jpg


[PR]
by sadwat | 2015-11-15 11:21 | 日々の暮し | Comments(0)

手動のコーヒーミル


もう日差しは初夏だ。
庭を通るそよ風の心地よさに、ついうっかり日曜日を満喫しようなどと、気がゆるんでしまう。
心待ちにしている施主の顔がちらつく、
今日も頑張る。

最近所員の求めに応じて、手動のコーヒーミルを購入した。
これで豆を挽く時のゆっくりした時間の流れが心地よい。

図面を鉛筆で画いていた頃、鉛筆をゆっくりと、丁寧に削りながら思考を巡らすことがあった。
それに似ている。
何事も便利で手がかからないことだけがよいのではない、
と頑固な年寄りのようなことを、思っている今日この頃。


「烏口の穂尖に思ひひそめては磨ぐ日静か に雪は降りけり」     堀口捨巳


どうですか・・・烏口わかるかな〜、若い人


f0156448_10515408.jpg










[PR]
by sadwat | 2015-05-10 11:15 | 日々の暮し | Comments(1)