渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(38)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)

タグ:大正ロマン ( 29 ) タグの人気記事

愛媛県新居浜 星越 山田社宅 (昭和初期の住宅群)


遠く愛媛県新居浜から私を捜してくださったご家族をお訪ねした。
別子銅山関連の産業遺産ともいえる住友山田社宅群を是非私に見せたいのだと案内してくださった。
自分たちは、どのような建物を心地よく感じているのか、手っ取り早くこの建物群から読み取って欲しいということだろう。
非常に分かりやすく、イメージを共有することができた。

この社宅群は昭和4年から10年にわたって住友幹部用に建設されたもので約100坪程度の敷地にゆったりと建てられている。
そのほとんどが平屋建で、多様な屋根形式で変化がつけられている。
当初約250戸建てられたが、すでに半数以上は壊され、新しく開発がすすめられ、順次壊されていくようである。
昭和初期の住宅群がこの規模で建築当初のかたちをほぼ残したまま現存しているのは大変めずらしい、他にこの様な例はないだろう。
最近ずっとヒットを続けているNHKの朝ドラの時代感が残されているのだ。
この建物群についてはarchitectural map の記事が詳しいのでこちらを参照してください。


建物はとても質素であり、簡潔なデザインで不要な装飾などほとんどない。
人の手の跡を感じる素材とのバランスは昨今の新建材の寄せ集めでは表現できない味わい深さがある。
丁寧に作られた昭和初期の質の高い普通の住まいを肌で感じる事ができた。

f0156448_15441627.jpg

f0156448_15441651.jpg

f0156448_15102929.jpg

f0156448_15441625.jpg

f0156448_15102977.jpg

f0156448_15102962.jpg


f0156448_15103074.jpg

f0156448_15111273.jpg

f0156448_15102970.jpg

f0156448_15102982.jpg

f0156448_15111229.jpg

f0156448_15103072.jpg

f0156448_15111268.jpg

f0156448_15102945.jpg

f0156448_15102914.jpg

f0156448_15111214.jpg

f0156448_15111211.jpg

f0156448_15111206.jpg

f0156448_15111251.jpg

f0156448_15111298.jpg

f0156448_15111257.jpg

f0156448_15111282.jpg

f0156448_15441640.jpg

f0156448_15441618.jpg





新しく区画された土地には、新建材と便利な機能満載の建物が寒々しく建ち並んでいて表情がない。
どこの新興住宅地でも見られる例のスタイルだ。
出来上がった時からできるだけ手を入れない事を考えた建物と、手を入れて維持され90年経って尚、日本の健全な住まいの宜しさを訴えかけてくる建物が放つ魅力の差は歴然としている。
これらの建物は、人間の持つ曖昧な感覚と心地よく馴染んで好ましいのだ。
何故この土地の遺産とも言える山田社宅が90年の歳月をかけて残したものを活かせないのか、設計者の脳裏をかすめた様子もない。
もちろん防火、耐震という事にたいして、この時代の住まいはどれも脆弱だ。
しかしそれでも尚、これらの住宅がその芯に持っているものまで一緒に葬り去る事はない。
まさかだれもその事に気付いていないのではあるまい。
私はふと立寄った旅人みたいなもので、わからないだけで、どこかにきちんと考えている人がいて、何か素晴らしい計画があるのかもしれないが、この町の歴史と個性を表現する手段として、もっと活用してもよくはないかと思う。

町のランドマークにするのだろうか、下部鉄道(昭和52年廃線)の旧星越駅舎は美しく復元されていた。この延長線上に新しいこの町はつくられていくのだろうか。





by sadwat | 2014-08-26 16:49 | 建築散歩 | Comments(0)

「夫婦善哉の床屋」

初回以来楽しみにしている「夫婦善哉」の1シーン、床屋の風景(テレビをカメラで撮りました)

床屋の入り口を入ると木製格子の衝立があり、窓際には待合の丸い背もたれのクッションのある腰掛。
奥には畳敷きの小あがりがあり、硝子の戸がたっている。
その部屋と仕切りの壁に和室によくある下地窓が見えており、手前にはクラシックな感じの床屋の椅子。
こんな床屋に私は行きたい。

誰かこういう床屋を設計させてくれないかな。

床屋は単に髪の毛を切りに行くところではない。
長いつき合いの床屋の亭主とくだらないやりとりをしては雑念を忘れる事ができる数少ない場所なのだ。

先日も床屋でゴルフの話になり、他に客もいなかったので、散髪の途中にも関わらず私はエプロンのようなものをかけたまま、
床屋は櫛を手にしたまま、店の中でクラブを振り回して、お互いのスイングの欠点を見つけては喜んでいた。
そんな他愛もない時間を過ごせる場所は床屋に限らず少なくなってきているなと思う。

f0156448_18222025.jpg

by sadwat | 2013-09-03 18:25 | 建築散歩 | Comments(0)

横浜 「馬車道大津ビル」昭和11年

私が好ましいと思う建物は何故か戦前、特に昭和初期のものが多い。

それは工業製品としての建築物ではなく、設計者や施工者、
更にはその建物を建てる施主の見識の高さを感じ取れるからだと思う。
様式美というものがその根底にありながらも、新しさを表現できる建築家と施工者、
それを許容する施主の心意気、更に当時の気風というものが伝わってきて、胸を打つ。


f0156448_12213464.jpg
f0156448_12222327.jpg

f0156448_12223698.jpg



馬車道大津ビル(旧海上火災保険ビル)
  ◎設計:木下益治郎
  ◎施工:大林組
  ◎竣工:昭和11(1936)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造り4階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区南仲通り4-43
by sadwat | 2013-08-25 12:30 | 建築散歩 | Comments(0)

川崎のちいさなアパート



川崎駅の近くの小さなアパート(マンションと呼ぶには小さすぎる)
施主の望むクラシック(昭和初期)なイメージにどうこたえるか。
川崎駅周辺の開発の谷間にあってひっそりと建ち、
古くなってもそれが味わいとなっていく、愛着がもてる建物になって欲しい。

f0156448_114524100.jpg



MORE



More
by sadwat | 2013-05-17 11:54 | 事務所のしごと | Comments(2)

W邸 東京-5 昭和初期の佇まいに暮す


W邸 東京-5 昭和初期の佇まいに暮す

この春に植えた庭木の新緑が芽吹いてとてもさわやかです
すまいにおける植栽の重要な役割を強く感じる瞬間です。



f0156448_20403429.jpg


f0156448_20392763.jpg


f0156448_20394624.jpg


f0156448_204037.jpg


f0156448_20401852.jpg


f0156448_20405010.jpg


f0156448_2041974.jpg


f0156448_20412475.jpg


f0156448_20413963.jpg




W邸 東京-1

W邸 東京-2

W邸 東京-3

W邸 東京-4


by sadwat | 2013-04-25 20:42 | 事務所のしごと | Comments(0)

W邸 東京-4 昭和初期の佇まいに暮す

W邸 東京-4 昭和初期の佇まいに暮す


f0156448_10431512.jpg


玄関ポーチ 夕景

f0156448_10441468.jpg


f0156448_10443595.jpg


f0156448_10452193.jpg


f0156448_1045387.jpg







W邸 東京-1

W邸 東京-2

W邸 東京-3

W邸 東京-5







by sadwat | 2012-11-19 10:46 | 事務所のしごと | Comments(5)

W邸 東京-3 昭和初期の佇まいに暮す

W邸 東京-3 昭和初期の佇まいに暮す


f0156448_17175646.jpg


2階 夫人室書斎


MORE




More
by sadwat | 2012-11-15 17:21 | 事務所のしごと | Comments(0)

W邸 東京-2 昭和初期の佇まいに暮す

W邸 東京-2 昭和初期の佇まいに暮す

f0156448_11492047.jpg


More
by sadwat | 2012-10-29 11:53 | 事務所のしごと | Comments(0)

W邸 東京-1 昭和初期の佇まいに暮す

クラシックな感じがお好みの施主
木製の建具と古い照明器具の組み合わせで昭和初期を思わせる雰囲気をつくろうとしている。

今日は竣工検査、これから少しずつご紹介します。


f0156448_19532713.jpg


f0156448_1005699.jpg


f0156448_19534762.jpg


f0156448_1954176.jpg


f0156448_1141724.jpg


f0156448_19543518.jpg


f0156448_19541792.jpg








W邸 東京-2

W邸 東京-3

W邸 東京-4

W邸 東京-5



by sadwat | 2012-10-22 19:56 | 事務所のしごと | Comments(0)

鍵・建築金物 「堀商店」

新橋にある堀商店
1890年(明治23年)に創業の鍵と建築金物の老舗である。
洗練されたいつまでも変ることのないデザインで、
なおかつ堅牢性と心地よい操作性を備えている点で右に出るものがない。
価格は高いが、その価値は高く決して無駄な金を払った気はしない、むしろ大切に丁寧に扱う分、
得した気分になるのは高価な優れものを使った時の満足感に共通している。

世の中で次から次に生産される工業製品としての建物に、この建築金物とバランスする密度を求めるのは大変むずかしい。
金物にふさわしい建物を設計するというのは本末転倒も甚だしいとは思うが、
物づくりの姿勢として設計者が憧れるほど一途でぶれない、たいした代物なのだ。
無駄のない頑固さとでもいうのだろうか。
いつ行っても置いてあるものは変わりないのに、つい立ち寄っては何も変っていないことを確認してしまうのだ。

f0156448_2004955.jpg


f0156448_2011985.jpg

左が新品 右が錆がついて風合いのついたもの

f0156448_2014259.jpg


f0156448_2015371.jpg

by sadwat | 2012-09-24 20:09 | 建築散歩 | Comments(0)