渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(38)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)

タグ:和室 ( 13 ) タグの人気記事

初釜

初釜のお茶事

暖かな冬の日差しの中,清らかな気持ちで初釜のお稽古。
新年をお祝いするお茶事は、不真面目で破門同然の私でもやはり楽しい。


f0156448_21473410.jpg
f0156448_21473429.jpg
f0156448_21473414.jpg
f0156448_21473353.jpg
f0156448_21473485.jpg

f0156448_21473405.jpg
f0156448_21473530.jpg

f0156448_21473494.jpg


by sadwat | 2015-01-26 21:50 | 事務所のしごと | Comments(2)

お茶室を使い倒す

会社の施設として造った茶室で社員全員にお茶を1日体験させるという大盤振る舞い。
全員が体験を済ませるまで約1年かかる。
せっかく造ったお茶室をとことん使い倒す作戦らしい。

どの様に触れていくかはともあれ、まずは自国の文化を知ることから始めよう。
この国が本来持っている底力が見えてくる。

f0156448_17420845.jpg
f0156448_17420975.jpg
f0156448_17420661.jpg
f0156448_17420728.jpg

by sadwat | 2014-11-11 17:46 | 事務所のしごと | Comments(0)

広島のすまいー7


「広島 トコちゃんの家」 

8月19日の広島安佐南区の豪雨災害、
まさにど真ん中でしたが家族も家も無事との事でした、
取りあえず胸をなで下ろしています。
災害に遭われた方々に心より御見舞申し上げます。
一日も早い復旧を願っています。(8/20追記)


普通の家族の普通のすまい
これが1番大事です


何故か秋谷のすまいに似ている



f0156448_22490057.jpg


もっと見る




More
by sadwat | 2014-08-20 13:05 | 事務所のしごと | Comments(2)

広島のすまいー4 トコちゃんの家


長い間仮住まいで助走をつけた分
うれしさ100倍
入居までのあと少しの間がまんしてね

工事の間にトコちゃんの弟も産まれ
こんなに大きくなってしまった。


幸せを絵に描いたようなご家族ともうすぐお別れかと思うと、とても寂しい。





f0156448_20053282.jpg






f0156448_20053276.jpg
f0156448_20053226.jpg
f0156448_20053275.jpg
f0156448_20053201.jpg
f0156448_20053235.jpg
f0156448_20053263.jpg
f0156448_20053219.jpg


f0156448_20053290.jpg
f0156448_21452585.jpg



by sadwat | 2014-07-01 20:16 | 事務所のしごと | Comments(0)

RC事務所の中の茶室ー2



マンション1階事務室の奥に位置する茶室。
既存の梁、柱配置や階高の低さによる制限の中、プランや天井構成にも、工夫と多少の妥協が必要だ。

以前から一度試みてみたかった、楊枝柱(茶室「又隠」などに使われている、隅柱の上部だけを出して下の方を土壁で塗りまわしにしたもの)の効果は絶大で、これまでに味わったことのない広がりと静けさを感じることができる。
この感覚は写真では伝わらない、現場を訪れた人は等しくそういう感想を持つようだ。

f0156448_23064554.jpg

by sadwat | 2014-03-16 23:35 | 事務所のしごと | Comments(0)

RC事務所の中の茶室ー1



ある会社の福利厚生の為に建てる茶室

既存のRC梁や柱を避けながら、階高も不十分な中で建てる、お稽古とお客様を接待する為の茶室
材料が揃ったので、検収に加工場へ行く

f0156448_1251039.jpg



床柱の赤松皮付、太さ、木目の詰み方をみて、右のものにした。
赤松はもう飽きたと思いつつもまたこれにもどってしまう。
その隣は丸い磨き丸太の皮を残して柱に仕上げた面皮柱、二寸八分の太さ。できるだけ皮の量を多く見せるように末口に近い部分を使う。


f0156448_1253429.jpg


天井の高さの変るところに使う磨き丸太、少しえくぼの入ったもので、枝打ちした際のあとが少し残る材料を使う。
その他は敷居鴨居材料


f0156448_1255949.jpg


敷居鴨居の材料は目の詰み方に注目
小間の茶室の様にすぐ目の前に材料のディテールが見えるところは目の詰んだものを使う(左の4本)
広間ではこんなに目の詰んだものを使うと、木の質感を損ねて味がない、そんな時は左から5本目位がいいのかな?


f0156448_1261185.jpg


これはネズコの代わりに使う米杉天井板


by sadwat | 2013-11-18 12:17 | 事務所のしごと | Comments(0)

築30年の茶室改修


築30年の茶室改修(松風楼と不審庵写し)
表千家流お稽古場の改修工事
壁、天井、畳、腰張り、襖、全て取替え。
これは古い壁を剥がし、上塗りをぬっているところ。
稽古を中断せずに作業を進めるのは想像以上に大変。
これまでの最難関工事はやっと終盤を迎える。
ここまでに4ヶ月以上かかっているが
必ず先生と社中のみなさんの想像を超えた仕上がりにする。

f0156448_15531714.jpg
f0156448_1553846.jpg
f0156448_15525693.jpg
f0156448_15524687.jpg

by sadwat | 2013-09-05 15:55 | 事務所のしごと | Comments(0)

初釜

f0156448_1361723.jpg
f0156448_136391.jpg
f0156448_1355189.jpg
f0156448_1353654.jpg
f0156448_1352369.jpg
f0156448_1344627.jpg
f0156448_1342919.jpg

by sadwat | 2013-01-27 01:38 | 建築散歩 | Comments(4)

鎌倉の茶室-10

鎌倉の茶室-10



f0156448_18431.jpg



More



                        More
by sadwat | 2011-11-01 01:03 | 事務所のしごと | Comments(2)

鎌倉の茶室-9

鎌倉の茶室-9

広間・寄り付き

.

この空間はただの器にすぎない

床に軸をかけ

花を活け

なによりも、一服の茶にくつろぐ人の姿が必要なのだ




f0156448_19205583.jpg



MORE
○○○



More
by sadwat | 2011-09-22 19:28 | 事務所のしごと | Comments(2)