渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(38)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)

タグ:住宅 ( 88 ) タグの人気記事

広島のすまい-5



さあ、次は外構と植栽
この石垣は施主のおじいさんが自分で積んだもの
なんとか活かせないか

造園の職人と打合せ
何を見て、何を見たくないか、想定している日差しと視線の動き方を説明する。
f0156448_00401423.jpg
小さな四角い窓にはまだ硝子が入っていない
この窓には紙障子と飾り棚が室内側にある


f0156448_00401624.jpg
f0156448_00401355.jpg
f0156448_00401517.jpg
f0156448_00445703.jpg
f0156448_00401357.jpg
f0156448_00445812.jpg
f0156448_00450094.jpg
f0156448_00401224.jpg
f0156448_00401021.jpg
f0156448_00401117.jpg
f0156448_00400952.jpg
f0156448_00401082.jpg




by sadwat | 2014-07-16 08:43 | 事務所のしごと | Comments(0)

広島のすまいー4 トコちゃんの家


長い間仮住まいで助走をつけた分
うれしさ100倍
入居までのあと少しの間がまんしてね

工事の間にトコちゃんの弟も産まれ
こんなに大きくなってしまった。


幸せを絵に描いたようなご家族ともうすぐお別れかと思うと、とても寂しい。





f0156448_20053282.jpg






f0156448_20053276.jpg
f0156448_20053226.jpg
f0156448_20053275.jpg
f0156448_20053201.jpg
f0156448_20053235.jpg
f0156448_20053263.jpg
f0156448_20053219.jpg


f0156448_20053290.jpg
f0156448_21452585.jpg



by sadwat | 2014-07-01 20:16 | 事務所のしごと | Comments(0)

高層マンションの茶室-2

自宅でお茶をたしなむことは、お茶をする方にとってはひとつの夢なのだと思う。
ましてやいろいろな制約のあるマンションではここまでやるのは難しいと考えている方も多い。

膨大な茶道具の収納や、動線の制約、水屋の設備をどうするか。
実際に考えはじめると、いろいろな制約から、妥協と柔軟な解釈を重ねなければならなくて、
施主にとっても設計者にとっても課題がたくさんある。

今回の工事は下ごしらえ一週間、工事二週間で終わった。

転勤時、転売時にこのお茶室を解体することがあった際に、
できるだけ内装、特に床にキズがついていないことが求められた。
その為床には釘、ビスの類いは一本も打っていない。

f0156448_12073528.jpg
f0156448_12072756.jpg
床柱は半分に裂きますが、すぐに沿ってしまう為裏側に反対に反る材料を貼り付け、反りを相殺します。

f0156448_12083510.jpg
f0156448_12064221.jpg
f0156448_12075390.jpg
茶室にとって天井の構成は大変重要なものですが、
スプリンクラー等、防災機器のの確実な作動を阻害する可能性がある為そのままとしました。
f0156448_12072060.jpg
f0156448_12082661.jpg
クーラーは付けたくないということで
紙障子の外にあるアルミサッシをあけた上で紙障子を雪見障子として
目線では開口部から外部が視野にはいらないよう上部をあけて使うようにしました。
f0156448_12074373.jpg
f0156448_12081503.jpg
外壁廻りの細かい凹凸を利用して、茶道具のコマゴマしたものを収納します。


f0156448_12080419.jpg
畳をめくってできるだけ多く収納できるようになっています。
ここは客間とすることもあるので開き戸を撤去することができないので
このようなかたちの踏み台を使っています。
踏み台をどかしてケンドンの板をはずすと畳をあげなくても収納できます。

f0156448_12071266.jpg

高層マンションの茶室-1 へ






by sadwat | 2014-06-16 13:32 | 事務所のしごと | Comments(0)

日本のすまい5月18日

元住吉の自邸

今朝の庭、薔薇の香り微か
新緑のシャワーが素晴らしくて、どこにも出かける気にならない。

元住吉の自邸秋谷の事務所分室はいつでもご要望があればご覧になれます。

f0156448_11323112.jpg

by sadwat | 2014-05-19 11:34 | 事務所のしごと | Comments(0)

秋谷オープンハウス in GW

秋谷オープンハウス

今週末4月25日(金)午後から4月27(日)午前中までと
5月4日(日)、5日(月)
秋谷におりますので、秋谷分室をご覧いただくことが出来ます。
お待ちいたしております。
一人で留守番をしておりますので時々留守になります。



4月27日 記
いよいよ待ちに待ったユサンもオープンしてくれて、また美味しい食事でいやされる春の秋谷がやってきました。
ついでの思いつきでオープンハウスをやってみたにもかかわらず、たくさんの方においでいただきありがとうございました。
春霞で昨日富士山が見えなかった方のために、今朝の春らしい富士山の写真をアップします。
5月4日(日)、5日(月)にはまた秋谷におりますので、おいで下さい。
天気が良いと海の上を散歩していることがありますので、どうしてもという方は事前にメールを頂ければたすかります。
春の前田川散策もこれからGW終盤にかけて一年で一番美しい時期をむかえます、是非お試し下さい、間違いないです。
f0156448_10412182.jpg

f0156448_1041348.jpg

f0156448_1057493.jpg

f0156448_10493837.jpg

f0156448_10503882.jpg

f0156448_1051692.jpg

f0156448_10503050.jpg
f0156448_10481946.jpg

f0156448_10483561.jpg

by sadwat | 2014-04-24 10:42 | 事務所のしごと | Comments(2)

「家がおしえてくれること」小川奈緒 著  韓国語版



「家がおしえてくれること」小川奈緒 著  韓国語版が発売されました。


この本に載せていただいた3軒の住いが韓国の方にどのように受け取られるのかとても興味のあるところです。
サイズも一回り大きくなり、背表紙はわが家の庭の写真を使っていただきました。

この本に載っている小川さんのお住まいはこちら

f0156448_17044843.jpg
f0156448_17033008.jpg
f0156448_17040081.jpg
f0156448_17043541.jpg




by sadwat | 2014-04-17 17:15 | 事務所のしごと | Comments(0)

名作ソファの脚を切る

今まで使っていた、arflexのソファは家を出た息子にあげて、
新しくカンディハウスの川上元美氏デザインの中古ソファを購入。
カンディハウスのヴィンテージ製品も扱う「ippon」でとても安く買ったものだが、
素晴らしいソファに間違いない、皮も最上質のものだ。

でも、どうしても座面の高さに納得がいかない私は妻の反対を押し切って、自分で脚を3センチ切り落とした。
川上氏のデザインで完璧なバランスに仕上がっているものを切り落とすのは、結構勇気のいるものだ。
川上氏は靴を履いて座る生活、又は部屋を想定してこの高さにしたに違いないと断定して決行。

結果はとても座りやすくなったが、立ちあがる時に、かかとが少しだけソファを支える框の角にあたる。
これは私の脚力が弱ってきて、ソファから立ちあがる時に足を若い人に比べてうんと引かなければならないからだ、
と所員の奥川に年寄りあつかいされた。

私はソファをデザインする時の鉄則として、足を引いて立ちあがる時のかかとのスペース、
又はかかとが優しくあたることが考慮されているべきだとおもう。
このことを私は忘れていた・・いい勉強をしたなと思う。
でも切るしかなかったのだ。

脚を自分で切るのはできればやめたほうが良いと思います。まず真直ぐ切れません・・・でした。


f0156448_18203079.jpg


f0156448_1821047.jpg


f0156448_18211853.jpg

by sadwat | 2014-04-16 18:24 | 事務所のしごと | Comments(2)

高層マンションの茶室-1

高層マンションに茶室をつくる

できたての高層マンションの一室を出来るだけ傷つけずに茶室を造る事になった。
5.1畳という洋室に正規の大きさで4畳半の御茶室が入らない
出来るだけ低予算で,基本的なところははずさない・・・
これが30年以上お茶をやってきた施主の要求
頭を合理的に切り替えて・・・お茶は本来とても合理的なはず



f0156448_19434167.jpg

f0156448_1944352.jpg

f0156448_19441979.jpg

f0156448_19453612.jpg

by sadwat | 2014-03-30 19:48 | 事務所のしごと | Comments(0)

初釜 2014

長い間、工事では社中の方々にも大変ご迷惑をおかけしましたが、
新装なったお茶の稽古場(表千家速川祐永先生)
「初釜」
いつもながら身が引き締る思い。
所作が「型」になっていることの意味を噛みしめる。


f0156448_18153588.jpg

f0156448_18171878.jpg

f0156448_18173372.jpg

f0156448_18174949.jpg

f0156448_18181324.jpg

f0156448_18182671.jpg

f0156448_18222421.jpg

f0156448_18185714.jpg

f0156448_18191328.jpg

by sadwat | 2014-01-21 18:24 | 事務所のしごと | Comments(0)

広島の住まい-3

今日は朝6時に家を出て広島に日帰り、意外とできるもんだなと思う。
片道現場まで4時間半。階段などの細かい納まり関係と塗装等、だんだんと打合せの内容が込み入ってくる。

行きは宮島の紅葉を見に行く観光客で一杯だったが、帰りは一人一両貸しきりかと思うくらいすいていた。

お弁当は新幹線の定番横浜崎陽軒のシュウマイ弁当を大須賀建設の社長と現場脇の田んぼで日向ぼっこをしながら食べる。

施主のご主人は最近買ったカメラにご満悦、これから楽しい家族とともに成長するこの家の写真もどんどん増えていくことだろう。

夕方5時発新幹線で9時ごろ新横浜に着いた途端、地震でホームが大きく揺れ、
乗っていた新幹線は停電して真っ暗、東京行きの方、大変だなと思いながら絶妙のタイミングにほっとして、歩いて帰る覚悟をしたがスムーズに帰宅。

f0156448_1544734.jpg


ひとみしりなトコちゃんは警戒モード

f0156448_15443756.jpg


大須賀建設社長と現場脇の田んぼで横浜で買ってきたシュウマイ弁当を食べる。


f0156448_1545011.jpg


今日の打合せメインは階段納まりと、塗装について

f0156448_15452073.jpg


仮住まいのお宅で、いつも明るく幸せそうなご家族

f0156448_15453557.jpg


最近買ったカメラに夢中のご主人

f0156448_15455619.jpg


のどか

f0156448_15462324.jpg


さようなら、またね

by sadwat | 2013-11-18 15:58 | 事務所のしごと | Comments(0)