渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(58)
(44)
(41)
(38)
(37)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(7)
(4)
(4)
(3)

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋谷散歩141026

昨日はユサンの息子をあずかって散歩
休日はこれでおしまい、腰にきた。
f0156448_11420025.jpg
f0156448_11420021.jpg



by sadwat | 2014-10-27 11:40 | 秋谷のこころ・海と暮す家 | Comments(2)

秋谷散歩141016

今日はなんの日
平日です

お客さんと新人所員の鈴木君と
平日に浜辺で飲むスパークリングワイン
ウィスキーロック
シーカヤック・サップで長者ケ崎・尾が島へ
ぜいたくな一日
たまにはいいよね

尾が島では海に潜ってしまいました
今日は10月16日ですがなにか


f0156448_22483784.jpg
f0156448_22483720.jpg
f0156448_22483725.jpg
f0156448_22483763.jpg
f0156448_22483782.jpg
f0156448_22483707.jpg
f0156448_22483747.jpg
f0156448_22483752.jpg
f0156448_22483834.jpg
f0156448_22483889.jpg
f0156448_22513596.jpg
f0156448_22544365.jpg
f0156448_22554633.jpg

by sadwat | 2014-10-16 23:03 | 秋谷のこころ・海と暮す家 | Comments(0)

自由学園・明日館


葉山加地邸に続いて遠藤新・フランクロイドライトの自由学園明日館を訪ねる
ふたつの建物を続けてみる事で、その素晴らしさを深く体験すると同時に、そのデザインの特殊性も確信する。
ライトスタイルは外観・内観・家具の組み合わせのどれが欠けても成立しない、特殊な建築なのだ。

食堂でおいしい食事をいただく事が出来るので応募したら見事当選

f0156448_19083606.jpg
f0156448_19083715.jpg
f0156448_19222031.jpg
f0156448_19083663.jpg
f0156448_19083628.jpg
f0156448_19083650.jpg
f0156448_19083697.jpg
f0156448_19083708.jpg
f0156448_19083756.jpg
f0156448_19083685.jpg
f0156448_19235556.jpg
f0156448_19243974.jpg
f0156448_19252082.jpg
f0156448_19255667.jpg
f0156448_19265693.jpg
f0156448_19272107.jpg
f0156448_19273720.jpg
f0156448_19275980.jpg




by sadwat | 2014-10-13 19:29 | 建築散歩 | Comments(0)

「加地邸をひらく-継承をめざして」 葉山 加地邸 昭和3年竣工 設計 遠藤新

葉山にある遠藤新の設計による加地邸が今日から一般公開されている。
詳細はこちら

葉山らしい、なだらかな山を背負った傾斜地に立つ、ほとんどライトそのものではないかとおもわれるほど、ライトのイメージを裏切らない建物だった。
部屋は少しずつ段差を付けて視線を縦にも振れるように配置されている。
この独特の立体的なプラニングが織りなす個性的な空間構成は、全くはじめて体験するものだ。
この建物は10月11月の土日祭日しか見学できないが、決して見逃すことの出来ないものだと思う。

遠藤新は日比谷にあったフランクロイドライト設計の帝国ホテルの設計に関わり、以後もライトスタイルを継承する日本人建築家として大正末期、昭和初期に活躍した方です。
他には、「自由学園明日館」「自由学園目白講堂」東京目白、「山邑邸」兵庫県芦屋などの作品があり、いずれも見学できます。

f0156448_2051898.jpg

f0156448_20505056.jpg

f0156448_20505934.jpg

f0156448_205165.jpg

f0156448_205114.jpg

f0156448_2051410.jpg

f0156448_20502133.jpg





by sadwat | 2014-10-04 20:56 | 建築散歩 | Comments(0)