渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(38)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)

<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

sadwat Photo  081220 




- 葉山-




f0156448_1119747.jpg

by sadwat | 2008-12-21 11:21 | Comments(2)

sadwat Photo 081220




群 ・ 孤




f0156448_1613141.jpg



f0156448_16145663.jpg


More



More
by sadwat | 2008-12-21 11:16 | Comments(0)

sadwat Photo












f0156448_0452795.jpg



More



More
by sadwat | 2008-12-17 00:47 | Comments(4)

横浜三渓園  聴秋閣


ー聴秋閣ー

遊び心満載のこの建物は江戸時代初頭に造られている

全く古さを感じさせない意匠の斬新さは、この建物を訪れる人々を今も魅了する。

この驚きが、現代の日本の住まいとどこかで繋がることが必要なのだと思う。

きれい、スゴイといって博物館の陳列の様に、今の自分の生活とかけ離れた世界であってはいけない。
お金をかけて同じものを造れというのではもちろんない。
この空間から読み取ったものを現代の生活とどう結びつけるかということが、建築家の使命なのではないか?

時代のふるいにかけられて生き延びてきた優れた古建築の役割をここに見ることができる。

f0156448_16123281.jpg
f0156448_16141075.jpg
f0156448_16142727.jpg
f0156448_16144731.jpg
f0156448_161552.jpg
f0156448_23163941.jpg
f0156448_1615295.jpg
f0156448_16155036.jpg
f0156448_16161825.jpg

by sadwat | 2008-12-07 16:20 | 建築散歩 | Comments(6)

三渓園   「臨春閣」


ー臨春閣ー

この建物は古くさいですか

それとも

おしゃれですか


f0156448_2241358.jpg


障子に映り込む松の樹影

この影が造り出す室内の雰囲気は同じ建物にある狩野派の襖絵に勝るとも劣らないことだろう


f0156448_22531155.jpg

f0156448_2324304.jpg
f0156448_23244572.jpg

この部屋の元の姿の華やかさを想像するのは難しくない。

胡粉を 摺り込んだ砂摺り仕上げの白い天井

紫外線を浴びて白っぽく変質してはいるが、おそらくは高貴な溜色の漆塗りの床框

九条型の品の良い紋縁の畳

狩野派の、幽玄な水墨画の襖

極めつけは、実物の笛や、笙を組み込んだ斬新なデザインの欄間などなど、その独創性は
枚挙にいとまがない

伝統の延長線上にある独創とはこのようなものかと思う







f0156448_23303178.jpg


f0156448_2330579.jpg


f0156448_21272187.jpg


f0156448_23515213.jpg

by sadwat | 2008-12-05 23:40 | 建築散歩 | Comments(0)

秋谷のこころ・海と暮す家・ 081130


秋谷 Sunset
Show Time




f0156448_2351633.jpg


f0156448_2358185.jpg


f0156448_23555070.jpg


f0156448_2357347.jpg


f0156448_2354492.jpg


f0156448_2355980.jpg

by sadwat | 2008-12-01 00:07 | 秋谷のこころ・海と暮す家 | Comments(2)