渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し

タグ

(194)
(161)
(128)
(95)
(88)
(64)
(46)
(45)
(41)
(39)
(32)
(32)
(29)
(13)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)

カテゴリ:日々の暮し( 5 )

謹賀新年



















f0156448_10365017.jpg

[PR]
by sadwat | 2017-01-01 10:39 | 日々の暮し | Comments(0)

2016 浅草三社祭り

2016 浅草三社祭り

みんな後ろ姿がカッコいい

f0156448_10373131.jpg

f0156448_10374161.jpg

f0156448_10375052.jpg

f0156448_10411299.jpg

f0156448_10365889.jpg

f0156448_10372132.jpg

f0156448_10372563.jpg

f0156448_10372856.jpg

f0156448_10373430.jpg

f0156448_10374587.jpg

f0156448_10375740.jpg

f0156448_1039086.jpg

f0156448_10393045.jpg

f0156448_10394147.jpg

f0156448_1040569.jpg

f0156448_10402021.jpg

f0156448_10403392.jpg

f0156448_10413146.jpg

f0156448_10513537.jpg

[PR]
by sadwat | 2016-05-16 10:52 | 日々の暮し | Comments(0)

枯葉♪

音がしなくてもジュリエットグレゴの「枯葉♪」が聞こえてきそうな今日この頃。
去年の今ごろ、この風景をイメージして自力で造った庭は見事にあの重労働に答えてくれた。

f0156448_11185915.jpg
f0156448_11192325.jpg
f0156448_11194647.jpg
f0156448_11195581.jpg
f0156448_11200138.jpg
f0156448_11200610.jpg
f0156448_11201098.jpg
f0156448_11201501.jpg


[PR]
by sadwat | 2015-11-15 11:21 | 日々の暮し | Comments(0)

手動のコーヒーミル


もう日差しは初夏だ。
庭を通るそよ風の心地よさに、ついうっかり日曜日を満喫しようなどと、気がゆるんでしまう。
心待ちにしている施主の顔がちらつく、
今日も頑張る。

最近所員の求めに応じて、手動のコーヒーミルを購入した。
これで豆を挽く時のゆっくりした時間の流れが心地よい。

図面を鉛筆で画いていた頃、鉛筆をゆっくりと、丁寧に削りながら思考を巡らすことがあった。
それに似ている。
何事も便利で手がかからないことだけがよいのではない、
と頑固な年寄りのようなことを、思っている今日この頃。


「烏口の穂尖に思ひひそめては磨ぐ日静か に雪は降りけり」     堀口捨巳


どうですか・・・烏口わかるかな〜、若い人


f0156448_10515408.jpg










[PR]
by sadwat | 2015-05-10 11:15 | 日々の暮し | Comments(1)

庭造り 「月見台」を造る

月見台を造る
職人の手を一切借りずに庭に月見台を作ることを思い立った
この家の前の持ち主から引き継いだ素晴らしいバラたちを一生懸命育ててきたが、もう少し積極的に使える庭にすることに決めた。
何となく書いていたスケッチを元に、昨年12/20に大谷石をオーダー。
葉山の加地邸を見てきたあとだったので大谷石に決定・・とても理由がシンプル
石をオーダーしてしまえば、あとはやるしかない、もう止めることは出来ない。
石は12月26日に年内最後の配達に間に合った。
石が来るまでにバラの移動や石を敷く為の地盤固めなどの作業を所員と二人ですすめた。
ポイントはいかに一本70kgもある大谷石を水平と直角を精度よく出して据えるかである。

プロセスをかんたんに説明しよう
f0156448_14304687.jpg
4/23初めて火を入れてみる
ステンレスの焚火台も買い求めたが、大きなアルミの鍋がぴったしだったのでこれを据えた、ずっとよくなった。
町中なので小さな薪を3、4本くべてみる。・・・何といい感じではないか。
匂いも懐かしい。

近所のおばさんがすっ飛んでくるかと思ったら、いまのところおとがめ無し
f0156448_14304640.jpg
f0156448_14380985.jpg
以前は季節になるとバラが咲き誇る素晴らしい庭だった
f0156448_14311576.jpg
設計図

f0156448_14304600.jpg
着工前の様子
普段世話になっている、植木屋さんと土木業者から道具をいろいろかりてきた

f0156448_14304696.jpg
まず家を建てる時と同じ様に、正確な位置出しをするため「丁張り」と呼ばれる作業をする
かなりテキトウ

砕石を敷き込み土のぬかるみを防ぐと同時に地盤面の補強をおこなう。
砕石を入れないと土がくっついてしまって地面を平に付き固めることは出来ない
f0156448_14304613.jpg
力仕事は若い所員の仕事、砕石敷きを手でやるのはとても耐力のいる仕事でヘトヘト
一部地盤が膿んでいて(いくら叩き占めても、コンニャクのようにプルプルとして締まらないこと)土を掘り出し砕石と入れ替えた
f0156448_14304663.jpg
私は棒でこつこつと地面を締め固める作業をする。
最初は版築ふうに地味にやっていたが、これもだんだんとテキトウに・・・

f0156448_14304618.jpg
直角を出すための大きな直角定規を造る
辺の比を3:4:5で造るやつです。
結構精度がよい
f0156448_14304632.jpg
いくら付き固めてもきりがないのでこの辺で止めとく
f0156448_14304645.jpg
とうとう石が来てしまった
もう止まらない、逃げられない
f0156448_14304704.jpg
1本70キロの石を約20本精度よく水平に、直角に据えていく
今回使用した大谷石の比重は1.7、花崗岩は2.7
それもあって大谷石を使用
ベンチ部分の2辺を他の石の基準にするため、特に慎重にレベルと直角を確認しながらきめていく
砕石の上に約50〜70ミリのバサモル(モルタルと砂を1:3でよく混ぜたもの、水は加えない)
を丁寧に敷いてレーザーや水準器を使って水平に均す
担ぎ棒で2人でかついでそっとおろす。
石を吊るのには車の屋根にものをのせて縛る時のナイロンの薄くて丈夫なベルト、巾25ミリ位を使う
薄くないと石をおろして引き抜く時に抵抗が大きくて石が動いてしまう。
あとはゴムハンマーで叩いてレベルを微調整
出来上がりの両端の水平精度は3ミリ以内
われながらよくできた
あとは不等沈下しないことを祈る
f0156448_14310422.jpg
12/30日本体は何となく完成、ここまで石が来てから実働約4日
f0156448_14310417.jpg
植木屋に行って全く買うつもりの無かった手水鉢(桂離宮にある鉢の写し)
を買ってしまった

f0156448_14310505.jpg
植木屋の持っている山にはいって木を選ぶ
市場では出会えない自然な樹形の樹が見つかる
f0156448_14310530.jpg
次は敷石選び
なかなか思うようなのは見つからない
f0156448_14310535.jpg
f0156448_14310519.jpg
植木がやってきた
f0156448_14310597.jpg
ほぼ完成、アプローチの石敷きをしなければ・・・
f0156448_14310527.jpg
すこし暖かくなって月も出たので月見で一杯
f0156448_14310595.jpg
f0156448_14310500.jpg
何となく完成、あとは春の芽吹きを待つだけ
景石を置くはずだった位置に
思いがけず手に入れた手水鉢もぴったし
冬のあいだ手水の水面の光の揺らぎが和室の天井にキラキラと美しいはず
この手水鉢を買う前に鏡を置いて確認した
f0156448_14311427.jpg
f0156448_14311417.jpg
f0156448_14311482.jpg
f0156448_14311560.jpg
で、こんな感じ





[PR]
by sadwat | 2015-04-24 15:16 | 日々の暮し | Comments(2)