渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(38)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)

カテゴリ:秋谷のこころ・海と暮す家( 32 )

秋谷のこころ・海と暮す家・080210

08/02/10更新
秋谷は今日2/10建て方(柱梁を組み上げる事)をやっています。
日曜日にも関わらず、本当に寒い中、職人達は頑張ってくれています。
いつもながら感謝です。
これから現場に行って皆さんにご挨拶。

f0156448_19483042.jpg


秋谷バス停のすぐ後ろ、大正末期に建った古い蔵が息も絶え絶えに建っています。
その蔵の屋根越しに海と富士山を望める小さな小屋を建設中。
3階建に見えますが2階建。蔵越しに海を見るため背伸びをしているんです。
蔵が風をよけてくれて、その後ろからそっと秋谷の海と富士山、夕焼けを眺める感じ。


2階は居間、一階は蔵との間に庭のある天井の高いアトリエ風のスペース。
建具は木製です、アルミサッシでは出せない雰囲気・・・
1階のスペース、うまく使ってくれる方がいるといいなと思っています。


f0156448_2082667.jpg


”美しい街並みを描き、永く愛され続けるヨーロッパ建築。
そのエッセンスを反映した造形美、海を臨む景観の中に映えるファサード。
優雅な暮らし心地を象徴する気品が薫る・・・”
という100戸建てマンションに少し辛そうなMY蔵。


f0156448_2083820.jpg


着工までの道のりは本当に大変だったのに、
感慨に浸るまもなく、なんのためらいも無く無造作に基礎工事に着手する職人、
これが職人の仕事というものだ。


思い入れたっぷり、ためらい傷だらけの私はこういう職人の仕事っぷりにいつもあこがれている。
宜しく頼みますッ!感謝


上棟


f0156448_029618.jpg

f0156448_22561526.jpg

イメージより少し大きい


f0156448_2257066.jpg

f0156448_22573693.jpg

予想どおりの眺望。
居間からテラス越しに海、大島が見えるはず。
天敵の電線が・・・!  とても残念


f0156448_22575566.jpg

江ノ島・富士山方向




by sadwat | 2008-02-10 12:00 | 秋谷のこころ・海と暮す家 | Comments(8)

秋谷のこころ・海と暮す家・071117

f0156448_21435778.jpg

05/11/30 大正末期の酒屋さんの蔵・更地にして売り出されると聞いて、とりあえず入手保護・何とか救いたい。
f0156448_1761144.jpg
06/07/23 国道134号線に沿って湘南の美しい谷戸の深い緑が見えた頃。右端がMy蔵。

f0156448_21444849.jpg

06/08/03 徐々に変わっていく秋谷
f0156448_2145967.jpg

07/06/23 マンションはこの上にさらに5階分積み重なって完成、この写真は4階まで建ち上がったところ。マンションからの抜群の眺めは請け合う。

あまりにもでかいこのマンションに圧倒されて、My蔵はずいぶんしょぼくれた感じ。
この蔵が秋谷の風景にふさわしく、いきいきとしていた時代があったのだ。
f0156448_22462488.jpg

f0156448_21452891.jpg

この蔵は酒屋さんの倉庫として造ったもので、入り口は漆喰の分厚い引き戸、升のマークが見える、とてもおしゃれなデザイン〔ただの酒ビンの倉庫にここまでやるか、昔の人は気合いが違う)・戸車が錆びて今はもう動かない。

f0156448_21454238.jpg

2階内部の様子、外観は石造りに見えて基本構造は木造。
長い間使われていなかったので梁の松には虫が入ってぼろぼろ。外壁の石も風化が激しい・・・幸い虫の被害は表面だけにとどまって構造的な強度が確保できる太さは残っている・・まだ命はつながっている・・外壁に積み重ねた佐島石は風化と亀裂がひどい、内部に水の浸入がある。屋根の雨漏りは無い。
とりあえず表面硬化剤と撥水剤を使って外壁を保護、これを使うと左官仕事が効かなくなる可能性がある、慎重に検討するつもり。
息も絶え絶えの蔵だが、なんとか再生させたい。
by sadwat | 2007-11-17 21:37 | 秋谷のこころ・海と暮す家 | Comments(4)