渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(58)
(44)
(41)
(38)
(37)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(7)
(4)
(4)
(3)

江戸東京建物園 堀口捨巳・小出邸

建築家・堀口捨巳
小出邸1925年(大正14年)

f0156448_1621759.jpg

東京小金井にある江戸東京建物園にある堀口捨巳設計・小出邸の玄関の写真。
タイルの精度の悪さ、色のむら、仕上がりの不陸の程度・・・今の住宅ではみなクレームにつながる項目ばかり。
しかしこれが人間の感覚のあいまいさと実によくなじんで調和し、訪れた人をほっとさせるのだ。

住宅にはもっと「あいまいさ」や「生活のわずかな歪」みたいなものを許容するゆとりが欲しいと思う。
ツルツルピカピカ手間いらず、精度がよく便利で手のかからないものを寄せ集めると素晴らしい住まいになるか・・・

「否」である。

人間には「心地よい不自由さを愉しむ」という自由があるのだ。




f0156448_16433671.jpg

by sadwat | 2008-03-16 16:49 | 建築散歩 | Comments(2)
Commented by nobulinn at 2008-03-17 01:20
こんばんは。
ここは気になりつつ、まだ行ったことがありません。
素人がなにをと言う感じですけれど、仰っていることとても共感を感じました。
おしゃれでかっこいい生活シーン、素敵だし、なるべく心地よい空間が保てるよう努力もしますが、日々の暮らしの中でまるで生活感を感じさせない家なんて無理だと思うし、そんなのって味気ないと思います。
自分に合った暮らし方を、人それぞれ工夫している様子が感じられる光景に出会ったとき、町歩きをしていて良かったって思える瞬間です(^_^)
Commented by sadwat at 2008-03-17 23:20
nobulinnさんこんばんは。
江戸東京建物園は大変貴重な建物をつぶさに見ることが出来ます。
川崎市立民家園と並んで実際に良質の建物をまとめて見学するには大変良い場所です。
小出邸の隣に建っている前川国男自邸もおおらかな木割りのゆったりした空間で、現代のこせこせした住宅の対極にあるおおらかさを感じることができます。
もう一つの隣の建物は「田園調布の家」というこじんまりした大変密度の高い住宅で、田園調布の家かくあるべしという感じで、私のとても好きな住宅の一つです。
nobulinnさんもぜひmakudecoさんをお誘いして、ご自分の好きな建物を探してみてください。