渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(38)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)

T定規の垂撥

事務所玄関脇の壁に、T定規を垂撥に見立て,志野の掛花入れに庭の菊を挿してみた。
このT定規は、すでに亡くなったある高名な建築家の自邸の解体に先立って、見学をさせていただいた折り、不要なものの中から頂戴してきたもの。
あらためてこのT定規を見ていると、一種宗教的な象徴のようにも見えてくる。色といい、艶といい、えもいわれぬ風格があり、製図台に向き合っているその建築家の気迫と真剣なまなざしを感じて身の引き締まる思いがするのだ。

事務所開設当時から、作業の効率を考えて図面をコンピュータ化したものの、思考のスピードと作業のスピードが一致するまでにひどく時間がかかったのを思い出す。
鉛筆を削りながらアイデアをめぐらせ、T定規と三角定規で簡単に消せない線を積み重ね、まっ黒になった図面を書いていた頃を懐かしく思う。
構想を練り上げるスピードと手の動くスピードが一致することは大切なことだ。ストーリーが展開する早さとページをめくる早さがぴったり一致した小説を読むように明解なイメージが沸いてくるのだ。



f0156448_121923.jpg

by sadwat | 2007-11-22 16:30 | 事務所のしごと | Comments(0)