渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(38)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)

日本民家園・2畳の民家

民家をイメージした別荘の依頼があった、久々に川崎市立日本民家園に行く。
何度訪れても、素朴ながら圧倒的な力強さに魅せられる。

f0156448_2212112.jpg

f0156448_22193637.jpg

f0156448_22195348.jpg

全国から集められた豪快な建物群にひっそりと「菅の船頭小屋」という建物が移築されている。


f0156448_161786.jpg

f0156448_0254148.jpg

f0156448_1614169.jpg


解説によれば
「多摩川の渡し場にあって、船頭が客待ち・休憩・川の見張りなどに使用した小屋。小屋が移動できるよう、四隅の柱には丸太を通し担ぐための鉄の輪が取り付けられている。昭和4年」
わずか2畳の空間である。窓の位置、大きさとも完璧。ささやかな囲炉裏にお茶のセット、他にはなにもいらない。欲張らず、まさに身の丈に合ってフィット感抜群。



f0156448_16145693.jpg


f0156448_16151547.jpg

みんな自分の住まいにもこういう場所を欲しがっているんだろうな・・・・・次回の設計ではこの感じにチャレンジしてみよう。


by sadwat | 2007-11-12 16:32 | 建築散歩 | Comments(3)
Commented by ccrkasago at 2008-12-17 23:21
日本の住まいは小さいことが標準なのでしょうか、誠に居心地が良い場所に感じます、良い例に茶室がピッタリのサイズだと私は感じました、建築設計士の意見はどうでしょうか
Commented by sadwat at 2008-12-18 18:57
笠子様
この建物が爽やかな風そよぐ河原にあって、タバコをふかしながら、お茶をすする。
のんびりした多摩川の渡しの情景が浮かんできます。
このような優れた建築とであった時に、今の私たちの生活とどう結びつけるか、その力量が私たちに問われています。
Commented by sadwat at 2014-11-13 11:01
ボランティアの方々

大変申訳ありません。
あまりの素晴らしさに魔が差しました、二度としないようにいたします。
またお伺いして、魅力を体験し、いろいろと勉強させていただきます。
身近にこのような施設があること本当に幸せに思い、素晴らしい施設を維持するためのボランティア活動、敬服いたしております。
これからも宜しくお願いいたします。
大変申訳ありませんでした。