渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(38)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)

春の大和路

「春の大和路」

f0156448_18050525.jpg
東大寺付近

f0156448_18031581.jpg

f0156448_18050682.jpg
氷室神社

f0156448_18282296.jpg

f0156448_18050687.jpg
早朝の春日大社参道
参道に差し込む朝日の美しさを求めて早朝の散歩


f0156448_18052802.jpg
春日大社


f0156448_18052832.jpg
f0156448_18052831.jpg

春日大社本殿
ここまで本殿に近づけることはめったにありません
いま神様はお留守です



f0156448_18050662.jpg

若宮神社



f0156448_18050678.jpg







f0156448_18052841.jpg
春日大社
着到殿(平安時代)
春日大社は芋を洗うような混雑でもこの建物に見入っているのは私一人、
この建物の単純明解な構造美が胸を打つ




f0156448_18052941.jpg

f0156448_18052953.jpg
美しい船肘木

f0156448_18031588.jpg
桜には新緑の柳がよく似合う




f0156448_18031565.jpg
奈良に来たら一番最初に訪れる(十輪院)国宝
住宅的スケールのとても小さなお寺
何度訪れても新しい空間構成の美しさを発見する。
軒のそりもほとんど無く、直線で構成された日本的プロポーションが好ましい


f0156448_18031568.jpg

f0156448_18031543.jpg

f0156448_18031519.jpg

f0156448_18053850.jpg
東大寺
f0156448_19103834.jpg
フィリピンの人達は常に明るい


f0156448_18052990.jpg
東大寺二月堂の構造美
二月の御水取りに必死で駆けつけて間に合わず、
寒い夜をここで震えながら夜明けを待った若かった日を思い出す。



f0156448_18050529.jpg

f0156448_18050565.jpg
東大寺御手洗の井戸
まるで石の彫刻・・美しい



f0156448_18052932.jpg
いつ見ても校倉のディテールは美しい


f0156448_18052930.jpg

f0156448_18052978.jpg
これは昔あこがれた榊莫山の字ではないか?



f0156448_18053857.jpg
荒い土をあらわにした土塀が大和路にはよく似合う


f0156448_18053886.jpg

f0156448_18053856.jpg

興福寺南円堂
f0156448_18050670.jpg

奈良国立博物館仏教美術資料研究センター

明治35年(1902)竣工
設計  関野 貞




f0156448_18050648.jpg
新薬師寺
スッキリ
シンプル
質実剛健な構造美



f0156448_18053839.jpg
浄瑠璃寺
美しい本堂と
吉祥天に会いに


f0156448_18053848.jpg

f0156448_18053841.jpg

f0156448_18031562.jpg
明治42年(1909)竣工
設計は東京駅と同じ辰野金吾
客室の天井高も4m位ある

f0156448_18031511.jpg
f0156448_19110891.jpg
f0156448_19105006.jpg
なんとも雰囲気のあるBar

f0156448_18031500.jpg

f0156448_18345185.jpg
f0156448_19102513.jpg
辰野金吾先生
天井が高すぎて落ち着いて眠れませんでした。
でもこの建物にはこの天井高さが欠かせないことよくわかりました。






by sadwat | 2015-04-04 19:18 | 建築散歩 | Comments(0)