渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し
昭和建築
大正ロマン

タグ

(231)
(199)
(131)
(119)
(88)
(59)
(44)
(41)
(38)
(38)
(31)
(29)
(27)
(13)
(8)
(8)
(8)
(4)
(4)
(3)

その他のジャンル

和のリフォーム2 横浜

今回は和のリフォームといっても、矢切のリフォームとは違い、ほとんど和の要素は残っていない。
葉山の桜花園で購入した古い建具を再利用し平家部分の和小屋を丸出しにしたくらいのもので、
あとは大変個性的で暴走気味の施主と大工が七転八倒しながら苦労の末造り上げたもの。
いつもながら思うことは、リフォームは新築では表現できない、
新築を超えたなにかが得られなければつまらないものになってしまうと言うことだ。

L・DKを含めた3室プラス元玄関だったスペースをぶち抜きの大きなスペースにして、
パーティーと料理好きの夫婦の個性をかたちにした。
建物の出来栄えを大きく左右するものは、施主が自分のすまいのあり方を明確にイメージし、
強いメッセージを設計者におくり続けることだ。
決して建築家にまかせきりではいけない。
極論すれば、建築家の仕事はむしろそれに気付きを与えて後押しするだけだといってもよい。

リフォーム前のこの建物はほとんど耐力がなく、解体時には手でゆすってもぐらつくほどの脆弱な構造であった。
基礎と土台、耐力壁、金物の使い方の見直しを徹底的にやった後に構造的な問題は解決しても、
仕上げに色々な障害が出てくる。
大掛かりなリフォー厶は開けてみるまで予算も方法も見通しがきかないリスクをはらんでいる。
新築より安くつくなどと簡単に考えないほうがよい。



f0156448_2126431.jpg

f0156448_21255192.jpg

f0156448_21253514.jpg

f0156448_2124561.jpg

f0156448_21244130.jpg

f0156448_21242819.jpg

f0156448_21241130.jpg

f0156448_21235732.jpg

f0156448_21234644.jpg

f0156448_21232953.jpg

f0156448_21231240.jpg

f0156448_21225649.jpg

f0156448_21223914.jpg

f0156448_19144854.jpg

IKEAのキッチンに自前のつまみを取付ける
真っ白な空間におさえのきいたアクセントがかわいらしい


f0156448_21222217.jpg

f0156448_19513024.jpg

よじ登りを誘発する子供部屋のベッド、壁にフリークライミングの手がかりを付ける予定だそうです


f0156448_212257.jpg


続・和のリフォーム2 横浜へ


和のリフォーム 横浜 TV収録へ


by sadwat | 2011-05-02 21:30 | 事務所のしごと