渡辺貞明建築設計事務所   mail : sadwat@mac.com 044-434-4777


by sadwat

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Link

カテゴリ

全体
□Home page・Profile
事務所のしごと
建築散歩
秋谷のこころ・海と暮す家
大人の湘南・秋谷スケッチ
日々の暮し

タグ

(193)
(160)
(128)
(95)
(87)
(64)
(46)
(45)
(41)
(39)
(32)
(32)
(29)
(13)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)

鎌倉の茶室-4

ー鎌倉の茶室ー



東京近辺ではほとんど見られなくなった小舞壁
茶室の壁は薄い
普通の住宅より細かいピッチで小舞を丁寧に編み込む
芯になる間渡し竹という少し太めの割り竹で構造体と土壁は曖昧につながっている
このことで建物に多少の歪みがでても壁全体に傷みが広がらずにすむ
f0156448_23195464.jpg

小舞壁下地の様子
これだけで十分美しい
f0156448_23193972.jpg

荒壁を壁の片面ずつ塗る
この荒壁の段階で十分に亀裂を出し切ることで次の中塗り、仕上げ塗と段階的により細かな亀裂になっていく
ここでよく乾かしておかないと、仕上げが美しく仕上がらず、さらに小舞下地が残った水分で痛むのだ
f0156448_2319975.jpg

f0156448_231850100.jpg

f0156448_23183829.jpg

これは茶室ではなく母屋の玄関まわりの屋根の仕事
軒裏からだんだんに仕上げていく
ここが最近の住宅などと違うところ
f0156448_23174974.jpg

f0156448_23173054.jpg

玄関入り口の柱を支える沓石との光付け(石の不整形な形に柱の足もとを馴染ませる作業)
f0156448_23171269.jpg

f0156448_23165522.jpg

これも光付け
皮付きの杉柱の形を型紙にうつして敷居鴨居を加工する
これが真四角の柱であれば一日に2,30本加工できるが
この場合は一日2本ぐらい
とにかく手間がかかる、特に安井杢工務店の職人はこのことを当たり前に思っていて、全く意に介さない
丁寧な仕事に感謝と敬意を感じつつ、いつ終わるのかな〜っとこちらも丁寧に眺めているしかない
f0156448_23163150.jpg

f0156448_23161852.jpg

[PR]
by sadwat | 2011-01-31 23:21 | 事務所のしごと | Comments(2)
Commented by c-saoriori at 2011-02-02 22:51
こんばんは^^
日本伝統の茶室、貴重な過程を拝見するのもいい物ですね。
妥協は許さない、そんな心行きを感じます。
青空に柱 美しくて清々しい気持ちになります。

あの。。。上がらして下さい!と言ったら大工さんに叱られそう(笑)


Commented by sadwat at 2011-02-03 10:40
ご案内致します、いつでもどうぞ。
できるだけ多くの方に見ていただきたいです。

洋風でも和風でもなく
「和様」とでもいいましょうか、そういう建物を建てていきたいです。
・・風というのは自ら似たものでしかないことをいっているわけですから。

日本の建築って実はスゴイ・・・ということをわかっていただきたいです。
ここから学ぶことをごくあたりまえの日本のすまいにどう活かしていくか、それが我々の課題です。